雲の流れと自然の愉しみ

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。


北海道付近には、上空の寒冷渦に対応する低気圧があり、東日本から北日本にかけては等圧線が込み合い、冬型気圧配置となっている。
GRMN0048
ここ北陸地方でも下層寒気が入り込み、西風が冷たく吹き寄せ、時々雨の降る肌寒い天気となった。
IMG_7095
夕暮れの空も、重い層積雲に覆われいる。


北海道の西には上空の寒冷渦に対応する低気圧があり、雲列が反時計回りに大きな渦を描いている。寒気が入り、北陸から北の日本海側では季節風の吹き出しによる雲が懸かっている。
IMG_6755
当地では西寄りの風が強く吹き、海上から発達した積雲が進入する度に霰を伴う俄か雨が降る、荒れ模様の肌寒い天気となった。

日本海北部に低気圧があり、そこから伸びる寒冷前線が日本海沿岸に接近・通過した。
IMG_6734
南西の風が吹き、日中の気温は20℃近くまで上がった。天気が良かったので、角田山の麓にある上堰潟公園などへ出かけてきた。湖岸に植えられた菜の花の黄色が一面に広がり、強い花の香りに包まれていた。
IMG_6724
広大な公園には、たくさんの桜も植えられている。
IMG_6732
木によっては、かなり花を開いているものもあるが、全体としてはまだ2、3分咲き程度の感じだ。
IMG_6731
当地のソメイヨシノは4月1日の開花発表だったが、その後の進み方はゆっくりなようで、満開は来週になりそうだ。
IMG_6746
寒冷前線の接近により、午後になると次第に風が強くなってきた。夕方になると、空には細長く伸びたロール状層積雲が現れた。この雲が通過した後、風向は北西に変わり気温は急降下した。

↑このページのトップヘ