雲の流れと自然の愉しみ

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

日本海にあった高気圧は三陸沖に去り、台風の北上により本州の南海上の前線も持ち上げられてきた。
IMG_6040
朝の空。高層雲が全天に広がっており、太陽は雲越しに鈍く光っている。
IMG_6034
同。東寄りの風となって、内陸の山並みの山頂付近には滝雲が懸かっている。
IMG_6035
同。冷え込みはそれほどでもなく、弥彦山・角田山の中腹付近には逆転層の層雲が懸かっていたが、急速に薄れていった。
IMG_6048
昼過ぎの海岸。東風のせいで、佐渡ヶ島がよく見えている。
IMG_6051
夕方の上堰潟。角田山の麓にある潟湖では、鴨類の鳴き声が渡り響く。日射しが弱く寂しい感じだ。

日本海に高気圧の中心があるが、日本の南海上には前線が停滞しており、全般的に雲が多いようだ。ひまわり画像を見ると、南西諸島の東にある台風20号の外側から時計周りに北東方向に大きく弧を描いて伸びてきた雲帯が、東日本から北日本まで懸かってきた。IMG_6017
朝の空。中上層の雲が層状に空を覆っている。
IMG_6025
同。下層には一部やや発達した積雲の姿も。
IMG_6028
日没後の西の空。中上層の雲底は、日没後もかなりの間、血のような赤色に染まり続けた。

↑このページのトップヘ