雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

昨日は、日本海北部の低気圧から延びる寒冷前線が本州付近を通過した。
今日は、西から高気圧に覆われてきて、北日本を除き青空が広がってきた。
IMG_8699
当地も、昨日までの黄砂飛来によるぼやけた空が、くっきりと晴れ上がってきた。
高積雲がところどころにあり、太陽の近くではうっすら色付いている。
IMG_8704
IMG_8707
IMG_8708
高い位置から見ると、レンズ状高積雲が多数現れていることが分かった。
この様子は、午前中よく見られた。
IMG_8715
昼頃になると、レンズ状高積雲は姿を消し、巻雲が広がってきた。
IMG_8714
太陽の周りには、ハロ(暈)が出来ている。






日本の南海上に前線が停滞している。
北日本と九州北部を結ぶ線の南側では曇り空となっている。
IMG_8664
IMG_8668
(夕方の空)
日本海側の当地も曇り空に覆われ日照が無かった。
ただ、前線による雲域の北限に近く、夕方には北西方向の空は雲が切れてきて夕日が覗いてきた。


南西諸島から関東地方の沖合にかけて前線が停滞している。
本州付近は関東地方を除きよく晴れている。
IMG_8662
晴れて気温が上がった。
青空には巻雲が帯のように連なっている。

↑このページのトップヘ