雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

冬型気圧配置が続いており、日本海側では時雨れ模様となっている。
IMG_0646 (1)
(昼頃の空)
当地も冷たい風が吹き付け、どんよりした曇り空で時々雨となった。
IMG_0647 (1)
と思ったら、わずか30分後には青空が広がっている。
これが繰り返される、典型的な時雨模様だった。

日本海北部の低気圧は、さらに発達しながら樺太方面に進んでいる。
中心から延びる寒冷前線が、午前のうちに東日本を横断した。
IMG_0645 (1)
(日中の空)
季節風が強く吹き出し、時雨模様の天気が戻った。
気温は未明に本日の最高を記録したあと、どんどん低下している。

日本海には急速に発達中の低気圧があり北東に進んでいる。
中心から延びる寒冷前線が西日本に懸かり、東日本でも夕方から曇ってきた。
IMG_0639 (1)
(日中の空)
当地では日中、気持ちいい青空が広がった。
南寄りの風が入り、夜になると時々強く吹くようになってきた。
IMG_0643 (1)
純白の飯豊連峰が初冬らしい姿を見せる。




↑このページのトップヘ