(2019.9.23 朝から夕暮れまでの12時間の雲の流れ、300倍速)
台風17号は9:00に能登沖で温帯低気圧に変わったが、強い風を広範囲で吹かせながら日本海を北東に進んでいる。当地では14:00頃までは南東の強風でフェーン現象となり、最高気温は34℃を超えた。その後、西南西の吹き返しの風となりさらに風速を増し、18:00過ぎに最大瞬間風速23.7m/sを記録した。動画では左から右へ流れていた下層雲が、1分55秒あたりから飛ぶように走りだす。
IMG_5672
朝の空。西側は晴れているが、東側は雲に覆われており、頭上から大粒の雨が少しパラつく微妙な天気。
IMG_5675
同。東の雲は厚みがある。
IMG_5698
同。南東の風が強くフェーンとなっている。東~南東方向の1000m級の山地の頂部は、鉢巻雲に包まれている。
IMG_5685
同。強風で田野の禾類は大きくなびいている。
IMG_5691
同。西の空は青空が広がり、上層の巻雲~巻層雲が白く浮かぶ。
IMG_5693
同。北西(日本海)方向では、下層にちぎれ雲が多く見られる。
IMG_5705
同。ちぎれ雲の下では雨が降っている所もある。部分虹が見えた。
IMG_5718
午後の空。台風から変わった温帯低気圧が佐渡沖を通過し、風向きが西南西に変わった15:00頃、近くの海岸へ行ってみた。
IMG_5708
同。強風で砂が飛ぶ凄まじい状況。
IMG_5726
夕暮れの空。雲が紫色に染まる。風はさらに強まり、最大風速はこの後にでた。