雲の流れと自然の愉しみ

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

2019年04月

IMG_3898

一日中、厚い雲に覆われ、午前中は雨が静かに降り注いだ。南東の風が入り、もありとした生温いような空気に包まれる。20年以上前に植え今では大木となった庭のオオバボダイジュの若葉が瑞々しい。
IMG_3899
鉢植えしたチャの木も、冬枯れした古い葉の脇から新芽が出てきた。

穏やかな平成最後の日となった。

IMG_3884
朝から青空広がるが、上層の薄い雲が多い。
IMG_3885
陽射しに誘われ、郊外に車で出かける。日中はそこそこ暑く、山並みの上には小さな積雲が浮かび長閑な景色。
IMG_3888
IMG_3892
八重桜、チューリップなど花盛り。
IMG_3893
今日も、暈(ハロ)、飛行機雲がよく見られた。
IMG_3896
夕方には、低層の雲も増えてきた。本格的に天気が崩れそうだ。

IMG_3877
移動性高気圧に覆われ朝から晴れているが、上層雲がやや多い。巻層雲によって環水平アークが現れた。
IMG_3881
飛行機雲も多く見られた。
IMG_3882



IMG_3853
北西の風が低い雲を送り続け、一日中冷たい雨が降ったり止んだりの天気。日中も気温は10℃以下でかなり寒かった。しかし、夕方には少しずつ下層の雲が切れ出した。すると、上層の高積雲が五色の淡い色彩に輝く彩雲となって現れた。明日は晴れだな・・・
IMG_3863
写真では見えにくいか( ^ω^)・・・



ハルはクマの縫いぐるみが大好き。いつも猫キックをしてじゃれている。遠くへ投げると、口にくわえてすたすた戻ってくる。犬のような行動がおかしい。


今日も一日中厚い雲に覆われ時々雨が降った。気温も低く季節が少し戻ったようだ。空の写真が撮れない。

↑このページのトップヘ