雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

2019年08月

IMG_4843
我が家のギボウシが数日前から咲き出した。たきがしら湿原などの自然の山野では、ひと月以上前から咲いているのを見ているので、ようやく咲き出したという感じだ。
IMG_4845
今日の空は、昨日までのような発達した積雲はほとんど見られず、上層の巻雲が目立つ程度だった。日中は海風が入り、最高気温も31℃台に止まった。

IMG_4827
我が家の近くにあるスポーツセンターで、NHKの夏期巡回ラジオ体操会が開催された。
IMG_4828
会場は、よく行く海岸のすぐ近くにあり、屋外の多目的広場には朝6:00前から多くの人が集まって来ていた。空はよく晴れ上がっており、一筋の飛行機雲がくっきり現れていた。ここでの様子は、6:30からラジオで全国に流された。
IMG_4834
IMG_4836
IMG_4840
日中12:30頃の近くの海岸。
北日本の上空に寒気を伴ったトラフがあり、東北地方などで激しい雨となったところがあったが、当地でも昨日と同様海上で対流雲が発生・発達した。本土と佐渡ヶ島の間の佐渡海峡の中央付近で発生した雲は、成長しながら東に流されている。
IMG_6493
IMG_6475
IMG_6500
少し時間を置いて撮った写真(北西〜北東方向)。この時間、竜巻注意情報も出されていた。




我が家から佐渡ヶ島方向を写した雲動画。朝から日暮れまでの12時間を300倍速のインターバル撮影したもの。積乱雲が広がってくるのが分かる。
2019-08-09 (4)
12:30JSTの赤外ひまわり画像。佐渡ヶ島で雲が発生し、東に広がっている。
IMG_4817
今日は日本海北部から北海道方面へ前線を伴った低気圧が移動し、北海道や東北地方で天気が崩れた。当県でも佐渡ヶ島付近で雲が発生・発達し、昼頃に島内では50~60mm/hの局地的豪雨が降った。対岸の当地でも佐渡ヶ島から広がった雲が頭上に懸かり、日中は日射しがほとんど無かった。
IMG_4820
しかし、海上で発生した積乱雲は午後には消滅し、夕方には青空が広がってきた。IMG_4825
日没時には雲が染まった。


IMG_4796
IMG_4798
当地の最高気温は36℃近くまで上がり、今年初の猛暑日となった。
今日は内陸山沿いだけでなく、海岸平野部でも積雲が成長した。(写真は12:30頃)
IMG_4806
IMG_4808
IMG_4810
午後には、山形・福島・群馬県等との県境方面で雲が発達し、頭が平らな積乱雲が壁のように聳えていた。
手前には、今が収穫真っ盛りの枝豆畑が広がっている。(写真は17:50頃)
IMG_4812
日没時分になっても気温は30℃を超える暑さだった。



IMG_4775IMG_4782
IMG_4785
今日も晴れて暑くなった。上空には巻雲や飛行機雲が多く見られたが、下層には雲が無い。ただ、強い日射により山沿いでは昼頃から積雲が湧き立ち、局地的に大きく成長してきた。
IMG_4780
海岸・平野部ではしばらく雨が降っておらず、公園の地面はひび割れて、暑さに強い雑草も枯れてきた。
IMG_4789
夕方18:00近くになっても暑い。山沿い方面ではまだ発達した雲が見られる。


↑このページのトップヘ