雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

2019年09月


(我が家から北西(日本海)方向を撮った雲動画。朝から日没までの12時間を300倍速で再生)
大陸から日本海に移動してきた高気圧に覆われているが、日本の南海上にある前線帯の雲域がかなり北側まで広がっており、当地も雲の多い一日となった。朝の気温は15℃を切りかなり肌寒かった。
IMG_5636
昼頃の空。上層には強風軸に沿った巻層雲などが広がっているが、下層の灰色の雲が厚くよく見えない。

上空に寒気を伴った低気圧がサハリン付近にあり、大陸に中心を持つ高気圧が東日本まで張り出してきた。当地は湿度が低くカラリとしているが、気温は最高で22℃台、夜になる17℃を切ってきて、肌寒さを感じるほどになった。
IMG_5626
日中の空。青空に積雲が多数浮かんでいる。
IMG_5629
夕暮れ近くの空。上層の雲が主体。
IMG_5633
同。北の方向を見ると、雲の影が右方向に大きく伸びていた。


上空に寒気を伴う低気圧が沿海州にあり、寒冷前線が日本海に伸びてきている。雲が多い一日となった。
IMG_5604
昼頃の空。上中下層それぞれに雲がある賑やかな空となった。
IMG_5612
夕方の空。雲の小さな隙間から、後ろの空が覗く。
IMG_5613
同。下層に重厚な積雲が横たわっている。
IMG_5614
同。弥彦山の後方に雲の窓が見える。
IMG_5618
同。日本海方向も低層に長く積雲が横たわり、その下の隙間から色付いた空が覗く。
IMG_5621
同。中上空の雲は、東西方向に走っている。
IMG_5622
日没まじかの空。

日本海西部に高気圧の中心があり東に移動。当地では晴れて秋らしい日和となった。IMG_5583IMG_5585
午前中は積雲がたくさん浮かんでいたが・・・
IMG_5595
IMG_5598
午後になると積雲はほとんど消え、上空の巻雲が青空に映える、より秋らしさを感じさせる空となった。
IMG_5589
昼休み、職場の隣にある公園に行ってみると、ヒガンバナの注意看板が出来ていた・・・
IMG_5590
ニョッキリと花茎が地中から伸び上がっていた。ヒガンバナはその名のとおり、当地では毎年秋の彼岸頃に炎のような花を咲かせる。

前線を伴った低気圧が房総半島沖を北上。日本海側では北寄りの気流が入り込み、曇天模様の一日となった。
IMG_5559
夕暮れ時の近くの海岸。西の空には雲の綻びがあり光が射す。
IMG_5562
昼頃から北寄りの風が吹き、波がやや高くなってきた。連休最終日ということもあり、日没が近い中でも10人程のサーファーが海に入っていた。
IMG_5569
北(海側)からの気流の流れ込みにより、低層に陸地に向かう積雲列が出来ている。
IMG_5571
角田山の上には海側からの気流により、はなれ笠雲(電柱列の後ろ、中央より左側にある白っぽい積雲の塊)が見られた。



↑このページのトップヘ