雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

2019年09月

台風15号が伊豆諸島付近を北上。夜には関東地方にかなり近づいてきた。当地は、今日も35℃を超える猛暑となった。
IMG_5337
IMG_5338
IMG_5339
IMG_5340
IMG_5341
IMG_5344
夕方の空。朝から雲がまったく無い快晴の空が続いていたが、夕方になって急に雲が増えだしてきた。
IMG_5346
IMG_5347
日没時には、雲が綺麗に染まっていった。

台風13号は朝鮮半島に上陸。秋雨前線は北海道まで押し上げられ、全国的に暑くなった。本県では、今日も35℃を超える猛暑日となる所が複数あった。IMG_5320
午前、自宅近くの砂丘地。朝から暑くなり、道路わきのエノキのつくる木陰が助かる。
IMG_5323
この辺りには、江戸時代から続く半農半漁の古い集落もある。砂丘地に建つ金刀比羅神社は、明日が秋の祭礼のようだ。
IMG_5326
暑さの中、畑ではダイコン苗の間引き作業を行っていた。
IMG_5332
午後の砂丘地。空には巻雲が広がっていた。
IMG_5333
夕暮れの空。明日も暑くなりそうだ。

台風13号が東シナ海を北上。秋雨前線は日本海北部まで押し上げられ、各地で気温が上がった。県内では、新潟市秋葉区で最高気温が35.1℃の猛暑日となるなど、晴れて暑くなった。
IMG_5297
午後、新潟市北区より。頭上は上層の雲だけだが、飯豊山など山沿い方面には積雲が湧き立っている。田んぼでは稲刈りが始まっていた。
IMG_5308
夕方、新潟市中央区の関屋分水路河口にある展望台より、東方向。
IMG_5311
同、北東方向。
IMG_5313
同、北(日本海)方向。
IMG_5314
同、西(関屋分水路河口)方向。
IMG_5317
同、南東方向。山沿いの雲は成長し雄大積雲となっている。

前線は日本海中部まで北上。
IMG_5271
当地では午前中、厚めの高層雲に覆われ日射しが弱かったが、次第に雲は少なくなっていった。日中、気温が上がり最高気温は32℃程と、暑さが完全に戻ってきた。
IMG_5276
昨日に続き、自宅近くの砂丘地の様子を・・・。すぐ近くまで住宅が立て込んでいるが、一歩外れると広大な砂丘地畑が広がっている。緑は、松の木や雑木の林だ。
IMG_5278
砂丘地の畑で欠かせないのはスプリンクラー。地下水を汲み上げて散水している。ダイコンの種蒔きをしたばかりの畑では、勢いよく水を撒いていた。
IMG_5280
夕方になると空には、巻雲など上層の雲だけとなってきた。
IMG_5287
18:40頃の海岸。日没後の空は穏やかに晴れ上がり、佐渡ヶ島のシルエットがくっきりと見える。

朝鮮半島から北陸地方にかけて梅雨前線が停滞。高層雲~高積雲が多く日射は弱かったが、最高気温は28℃を超え、久々に暑さが少し戻って来た。
IMG_5261
日本海を見下ろす砂丘地の畑では、秋の耕作が盛んに行われている。スイカが終わった畑には、ダイコンの種子が蒔かれており、早い所では芽生えが始まっている。
IMG_5262
IMG_5263
夕方の海岸。高層雲など雲は多め。



↑このページのトップヘ