雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

2019年09月

前線は今日もほぼ同じ位置に停滞。当地は曇が厚く、時々雨が降る天気となった。また、最高気温は22℃台で、肌寒さも続いた。
IMG_5259
13:50頃、職場前の空。
IMG_5260
同時刻、職場前の遊歩道。雨模様で路面は濡れている。

秋雨前線は、山陰沖から北陸地方を通って関東北部付近まで延びている。北陸地方から東北地方にかけて雲に覆われ、当地も一日中雨模様となった。最高気温は23℃台と、再び肌寒さを感じる涼しさとなった。
IMG_5258
17:45頃の空。厚い雲に覆われ、18時前だがもう薄暗くなってきた。

上空に寒気が入り込んでいる影響で、大気の状態はやや不安定。局地的に対流雲が発達している。
IMG_5249
朝8:00頃、自宅から北西(日本海)方向の空。当地では、朝から海上方面で雲が湧き立っている。雨に降られることはないが、時々陽が陰る。
IMG_5252
14:00頃、小針浜から北東方向の空。日中は今日も30℃近くまで気温が上がったので、9月に入ったが海岸には人の姿が多い。海上には発達した雲列が見られる。昨日は秋田県で竜巻が発生したが、今日は本県の粟島付近(写真の雲列の左)でも漏斗状雲の目撃情報があった。

↑このページのトップヘ