雲の流れと自然の愉しみ

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

2019年10月

日本付近は東西に連なる帯状の高気圧に覆われ、晴天域が広がっている。
IMG_6138 (1)
IMG_6140 (1)
昼頃の空。基本的に上層の巻雲などだけで晴れている。ただ、この時期にしては珍しく黄砂が飛来しているせいか、遠景はやや黄色味を帯びて霞んでいた。

IMG_6135
朝の空。未明に寒冷前線が通過し、晴れてきたが雲は多い。
IMG_6136
IMG_6137
日中もなかなか雲が取れない状態が続いたが、西の方から次第に青空が広がってきた。

東海道沖を前線を伴った低気圧が東進。また、中国東北部にある低気圧から寒冷前線が日本海に伸びている。
IMG_6128
当地は、東海道沖にある低気圧の影響で、一日中雲に覆われた。
IMG_6132
夕方、西の方から雲が切れてきて、一時的に青空も見えてきた。
IMG_6133
しかし、日本海の寒冷前線が本州の日本海沿岸まで近づいており、晴れ間は長くは続かなかった。暗くなった空には発達した積雲の姿が見え、夜には強いにわか雨となった。

東日本に中心のあった高気圧は、ゆっくりと日本の東海上へ移動。
IMG_6122
昨日、雨が降ったせいもあり、今朝は霧が発生した。
IMG_6124
日中は穏やかに晴れ上がった。空には晴天積雲が浮かぶ。
IMG_6126
10月も下旬になり、当地も紅葉の時期となってきたが、今年は何度も台風が到来し強風が吹き荒れたため、葉がほとんど無くなってしまっている木々も多い。

本州の南岸沖に前線があり、東日本の上空には寒気が入り込んでいる。
IMG_6115
当地は曇り空で、昼過ぎまで時折雨のパラつく天気となった。
IMG_6118
しかし、夕方近くになると雲はとれていき、西から青空が見え出してきた。
IMG_6120
日没後の空は、雲は大分少なくなり、やがて星空が広がり出した。

↑このページのトップヘ