雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

2019年10月

本州付近は東西に連なる高気圧帯に覆われ、晴天域が広がった。
IMG_5978
朝の空。朝方は冷え込み、最低気温は10℃を割ってきた。市内の内陸部では、最低気温が4℃台になったところもあった。
IMG_5980
IMG_5981
昼すぎの空。午前中は雲がやや多かったが、西の方から雲が切れ、快晴になってきた。
IMG_5983
IMG_5985
夕暮れの空。雲が無く、きれいに暮れてゆく。夜になり再び冷え込んできた。

日本の東海上に低気圧が去り、大陸の高気圧が日本海に張り出してきた。西高東低の冬型のような気圧配置となり、ひまわり画像には日本海に筋状の雲が現れている。
IMG_5975
午前中の空。一日中厚い雲に覆われ日射は無い。気温は未明に最高気温を記録してから、日中はむしろ下がって肌寒い。
IMG_5977
夜19:00頃の空。雲の切れ間が増えて、明るい月が出てきた。しかし、気温はどんどん下がっており、明日の朝はかなり冷え込みそうだ。職場の近くの鳥屋野潟から白鳥の鳴き声が盛んに聞こえてくる。かなりの数が飛来してきたものと思われる。

三陸沖と大陸に中心のある高気圧に挟まれ、本州付近は気圧の谷となっている。関東の南海上には低気圧が発生した。
IMG_5974
夕方の空。当地は一日中曇り空で日照が無く、時々弱い雨が降る天気となった。日中の最高気温も16℃台と肌寒く、上着が必要となった。

台風による豪雨の影響が明らかになってきた。長野県の千曲川が決壊するほどの増水は、下流の新潟県にも影響を及ぼした。信濃川中流の大河津では、氾濫危険水位を長時間にわたり上回り続け、15時頃ピークを向かえたが、かろうじて越水することなく減少に転じてくれた。IMG_5940
空は、朝のうち雨が降ったものの、その後次第に晴れてきた。
IMG_5945
ただ、午前中はまだ風が残り、潮や砂が飛んだせいか、景色は霞んだ状態となった。
IMG_5947
夕方、風が落ち着いてきたので海岸へ行ってみた。
IMG_5948
海は、まだ波浪注意報が発令中で荒れている。
IMG_5950
砂丘の風紋が、いつもと違い尖がった形をしている。
IMG_5952
IMG_5953
IMG_5967
IMG_5966
鳥取砂丘関係のページを見てみると、どうやら「砂柱(さちゅう)」という現象らしい。降雨の後、12m/s以上(別のページでは20m/sとある)の強風が吹くと形成されるとあり、小石などの風に飛ばされにくいものが核となり、周囲の砂だけが風で飛ばされた結果尖った砂の柱ができているようだ。
IMG_5971
今回の台風は、今年佐渡ヶ島の沖合を通過した2回の台風(から温帯低気圧になったもの)と同程度の最大風速だったが、強風の吹送時間は前2回よりかなり長時間にわたり、道路への飛砂堆積なども発生するなど、冬場の強風のような感じとなった。

台風19号は17:00頃伊豆半島に上陸、関東地方を北上している。東日本の広範囲で記録的大雨となり、多くの都県に大雨特別警報が発令されている。夜になり、各地で河川氾濫が発生している模様。
IMG_5933
朝の空。当地では朝から北北東の風が吹き続け、午後には15mを超える強風となってきた。夕方からは雨足も強くなり、本県でも上越地方に大雨特別警報が発令された。風は夜になるとさらに激しさを増し、22:00過ぎには市内で30m/sを超える最大瞬間風速を記録した。停電も発生している。

↑このページのトップヘ