雲の流れと自然の愉しみ

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

2019年11月

高気圧が日本海から本州上へ移動。日本海の筋状の雲も急速に少なくなってきた。
IMG_6426
(午前中の空)
IMG_6427
(夕方の空)
当地は、まだ日中雲が多かったものの降水は無かった。

日本付近は冬型気圧配置が続いている。850hPaで-6℃のラインは東日本の南部まで南下。IMG_6424
(昼頃の空)
当地は朝方の降雪で、僅かだが積雪となった。積雪はすぐに無くなったが、日中も時折雪混じりの雨が降る寒い一日となった。

北日本を中心に冬型気圧配置となっている。IMG_6421
(午前中の空)
当地は厚い雲に覆われ、降水に雪も交じり初雪となった。気温も未明に最高気温を観測した後、下がり続け寒い一日となった。

オホーツク海にある低気圧から伸びる寒冷前線が、夜、北日本を通過。当地は一日中厚い雲に覆われ、夜には雨が降りだしてきた。
IMG_6420
IMG_6416
今日はハルの写真を・・・。11月に入りコタツを使いはじめたが、電気を入れていなくても、ハルはほぼ一日中コタツの中に入り込んで過ごすようになってきた。まだ、それほど寒くはないのに、これからの冬本番が思いやられる・・・。

高気圧が移動性となって、日本海から本州へと足早に東進。
IMG_6410
昼頃は、全般的に雲が多かったが・・・
IMG_6412
夕方には、ほぼ雲の無い快晴の空となった。

↑このページのトップヘ