雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

2019年11月

冬型気圧配置が強まり、日本海はびっしりと筋状の雲で埋め尽くされている。
IMG_6317
IMG_6322
(昼頃の空)
西寄りの風が強く吹き、時々強い俄雨の降る時雨模様となった。15時頃には、強雨のあと強い西日が射して、非常に鮮明な虹が現れた。

日本海北部を低気圧が発達しながら北東に進んでいる。日中、南風が吹き込み気温が上昇、最高気温は20℃を超えた。午後から弱い雨が降り出し、夜には寒冷前線の通過で雨足が強まり気温が下がってきた。
IMG_6286
IMG_6288
IMG_6291
IMG_6293
IMG_6297
IMG_6299
IMG_6300
(写真はいずれも午前中)
朝のうちは雲が無く青空が広がっていたが、午前10時頃から天気が崩れる兆しであるレンズ雲が乱舞した。




高気圧の中心が北陸付近にやってきた。
IMG_6275
(朝の空)
IMG_6277
(昼頃の空)
上層の雲が主体で晴れている。日中の気温は13℃程で、暖房が必要な寒さとなっている。

九州付近に高気圧が張り出してきたが、北日本では冬型気圧配置となっている。
IMG_6274
(夕方の空)
一日中雲が多く、時折雨の降る時雨れ模様の天気となった。

冬型気圧配置は崩れ、日本海北部に低気圧が進んできた。
IMG_6270
(昼頃の空)
日中は雲が多いながら、日射しもあった。夜になると、低気圧から伸びる寒冷前線が通過し、雨・風とも強い荒れ模様となった。

↑このページのトップヘ