雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

2019年11月

間宮海峡付近にある発達中の低気圧から伸びる寒冷前線が朝方通過。冬型気圧配置が強まってきて、日本海には広く季節風による筋状の雲が現れた。
IMG_6269
(昼頃の空)
朝方強く降った雨は、昼頃にはほぼ上がってきた。しかし気温の方は、夜明け前に最高気温を記録してから、日中はどんどん下がり続け、1ケタ台となった。北西の風も強めに吹き、冬の到来を感じさせる空模様となった。

低気圧が発達しながら沿海州付近を東進。前線が日本海に入ってきた。
IMG_6256
(午前中の空)
雲が無く快晴。風も弱く穏やかな天気だ。
IMG_6259
(昼過ぎの空)
上空には、さざ波状の巻積雲が広がってきたが、まだまだいい天気。気温も19℃程で、この時期としては、かなり暖かい。
IMG_6267
公園では、十月桜という秋から冬に咲く桜の仲間が咲き出していた。
IMG_6266
桜の花には、蜜を吸いに蝶が寄ってきていた。

朝鮮半島付近の高気圧が次第に日本海に張り出してきた。IMG_6251
IMG_6252
IMG_6254
(午前中の空)
朝のうち雨が残ったが、次第に晴れてきた。ただ午前中は雲が多く、山沿いでは積雲が盛り上がり発達しているのが見られた。午後になると雲は少なくなり、夜には澄んだ満月が見られたが、昨日の荒れ模様の名残りで、夜が更けても海の方から波の響きが聞こえてきた。




(朝から夕暮れまでの雲の動きを300倍速で再生)
上空の寒冷渦に対応する低気圧が前線を伴い日本海中部を東進。前線が通過した午後からは荒れ模様となった。
IMG_6240
IMG_6243
IMG_6248
(昼頃の空)
能登半島と佐渡ヶ島の中間辺りまで雨雲が近づいてきて、南寄りの風が強くなってきた。午後になると雷を伴う強いにわか雨があり、夜にはさらに雨・風が強くなり大荒れとなった。


本州付近に中心のある高気圧に広く覆われている。
IMG_6221
(午後の空)
積雲、層積雲が多く曇りがちな天気だったが、少し青空が見えてきたので昼から近郊へ車を走らせた。気温は13℃程だが風が弱く、外に居てもあまり寒くはない。海は穏やかで佐渡ヶ島がよく見える。
IMG_6224
家から20分程の佐潟へ行ってみた。白鳥の飛来地で、ラムサール条約湿地となっている。昼間なので、湖面に居るのはほとんどがカモ類だが、時々頭上を飛んできた白鳥たちが、湖面の奥の方で着水する光景も見られた。
IMG_6226
佐潟水鳥・湿地センターの掲示。11月8日現在の飛来数は4,487羽となっている。
IMG_6236
弥彦公園まで足を延ばしてみた。紅葉の名所となっている所で今日も人出はかなり多い。色付きはやはり例年よりも遅れているようだ。

↑このページのトップヘ