雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

2019年11月

日本付近は西高東低の気圧配置となり、日本海には団塊状の対流雲が発生した。
IMG_6189
IMG_6195
IMG_6186
IMG_6185
(夕方の空)
当地では北から西よりの風が吹き、にわか雨の降る不安定な天気となった。雲の下部には降水雲も見られる。

オホーツク海に低気圧、華北に高気圧があり、北日本では西高東低の冬型の気圧配置となった。IMG_6160
(山形県米沢市付近の昼頃の空)
日帰りで、福島県喜多方市から山形県米沢市方面へ車で出かけた。午前中は内陸部では霧が発生していたが、昼頃には霧は消えて日射しが出てきた。上空は巻雲などの上層雲が主体だ。
IMG_6162
IMG_6161
(同)午後になると、飛行機雲や巻層雲が増えてきた。
下層寒気移流の影響で、日本海沿岸では局地的に対流雲が発達。夜21時頃には、自宅付近でも強いにわか雨が降った。

日本海に高気圧の中心があったが、夜には日本の東海上に遠ざかった。
IMG_6155
朝の空。午前中は、垂直方向にはあまり発達していない扁平積雲が多い状態が続いた。午後になり、雲がほとんどない晴天となったが、夜になると上層雲が広がりだした。


樺太付近に低気圧があり、南に伸びる寒冷前線が午前中、当地を通過した。画像は、朝から夕暮れまでの雲の流れを300倍速で再生したもの。
IMG_6149
朝の空。この後、雲が増え、前線が通過した午前10時頃には一時的だが強い雨が降った。
IMG_6152
昼頃の空。雨は上がったが雲は多い。ひまわり画像では、日本海の北部などには寒気の吹き出しによる筋状の雲が発生しているのが見られる。
2019-11-01
夜になり、内陸部から冷え込んできた。当市秋葉区では平野部にも拘らず5℃台まで下がり、10数㎞しか離れていない海岸側の中央区とは7℃もの温度差となっている。

↑このページのトップヘ