雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

2019年12月

日本付近は冬型気圧配置が強まってきて、日本海側では荒れ模様となった。
IMG_6599
(朝の空)
IMG_6603(2)
(夕暮れの空)
当地は北西の風が強く、時々雪の舞う年の暮れとなった。

日本海北部に発達中の低気圧があり、寒冷前線がゆっくりと南下。曇が厚く時々雨が降り、気温もそれほど上がらなかった。
IMG_6591
IMG_6595
IMG_6597
年末のハルの姿。最近は一日のほとんどをコタツの中で過ごしている。ちょっと出てきたと思ったら、すぐまたスタスタとコタツの中へ。

仙台方面へ出掛けてきた。昨日は山形・宮城県境の奥羽山脈越えまでは雪模様だったが、今日は移動性高気圧に覆われ、日本海側も含め東日本では広く晴れ上がった。
IMG_6570
(朝、仙台市宮城野区のホテルから見た西の空)
雪を纏った蔵王などの奥羽山脈の山並みが見える。
IMG_6579
IMG_6585
IMG_6582
(午後の松島付近の空)
移動性高気圧に覆われ晴れているが風は冷たい。上空の雲を見ると、風がまだ強いようだ。
IMG_6588
(夕方、山形市付近の空)
日没前の低い太陽の左側に、地面から垂直に立ち上がるような虹色の幻日が、かなり長い時間見え続けた。

日本の東海上で低気圧が猛烈に発達。冬型気圧配置が強まった。
IMG_6545
(午前中の空)
北西の風が強く吹く一日となった。午前中は一面雲が広がっていて、時々雨や霙が降った。
IMG_6550
IMG_6552
(夕方の空)
午後は雲が切れて青空も時々見られるようになったが、気温は朝方よりもむしろ下がってきた。冬のはじめは海水温が高く、海岸部では雲が発達するため、雪霰が降ることが多いが、今日もそんな天気となった。

九州の東、八丈島付近、日本海に低気圧があり、発達しながら東進している。
IMG_6541
今日の午後は、日本付近では部分日食が見ることができるはずだったが、全国的に天気が悪く、見られたのは限られた地域だけだった。当地も雲が厚く、太陽の方向さえ分からぬ状況で、観測はできなかった。

↑このページのトップヘ