雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

2019年12月

日本海と関東沖にあった低気圧は東海上に去り、再び冬型気圧配置となった。
IMG_6521
(午前中の空)
当地は一日中低い雲が懸かり続け、時々冷たい雨が降る天気となった。下層寒気が流入し気温が下がってきたため、夜には海岸部でも霙となってきた。

冬型気圧配置は崩れてきた。山陰沖にある低気圧が近づいてきて、東寄りの風となった。
IMG_6518
IMG_6519
(昼頃の空)
朝のうちは低い雲が多かったものの、日中は上層の雲だけとなり、青空がかなり広がってきた。最高気温は10℃程と今日も高めで、冬としては過ごしやすい穏やかな日和となった。だが、低気圧が近づいてきており、夜は雨となった。

日本付近は西高東低の冬型気圧配置となっている。ただ、寒気の流入は北日本止まりで、本州では気温がそれほど下がっていない。
IMG_6516
(昼頃の空)
朝から午前中は時々雨の降る時雨れた天気となったが、昼頃には少し雲の切れ間が出てきた。気温は高めで寒くはない。

沿海州付近に低気圧があり北東に進んでいる。そこから伸びる寒冷前線がゆっくりと日本海を南下してきた。
IMG_6514
(昼頃の空)
当地は朝から雲に覆われ、強くはないが時折雨が降る天気となった。ただ南寄りの風のため、日中はそれほど寒くはなかった。

高気圧の中心は日本の東海上に移動したが、まだ東日本を広く覆っており、日本海側でも穏かに晴れ上がった。
IMG_6505
(昼頃の空)
雲無く快晴。朝は0℃程に冷え込んだが、日中は10℃を超えてきた。風は弱い。
IMG_6508
IMG_6511
(夕方の空)
引き続き雲が全くない。大気は上層まで乾いており、飛び交う飛行機の航跡は短い。
IMG_6509
雪をかぶった山並みがよく見える。
IMG_6507
砂丘地の畑には、取り残された大根の葉が青々と残る。

↑このページのトップヘ