雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

2019年12月

千島列島の東に発達した低気圧があり、日本海には移動性高気圧の中心がある。
IMG_6504
(午後の空)
当地は雲の多い天気となったが、ひまわり画像では日本海の筋状の雲は少なくなってきており、天気はゆっくりと回復傾向にある。
IMG_6498
(今日のハル)
冬になり、人に抱きつくことが多くなったきた。

日本海に前線を伴った低気圧があり東進。午後、当地を寒冷前線が通過した。
IMG_6489
(朝の空)
午前中はよく晴れて、朝方はやや冷え込んだ。昼頃から次第に雲が厚くなり、寒冷前線が通過した午後は、日中にも拘わらずかなり暗くなり、強い西寄りの風と共に、強雨が降る荒れた天気となった。また夜にかけ、時々発雷もあった。

オホーツク海に発達した低気圧があり、東シナ海に張り出してきた高気圧との間で、日本付近の等圧線が込み合ってきた。
IMG_6477
(午前中の空)
IMG_6478
午前中は青空も見られたが、昼過ぎからは海上から低層の厚い雲が隙間なく入り込み、時々冷たい雨が降る天気となった。西寄りの風が強く、海上は波が高くなっている。

日本海には前線を伴った低気圧があり東北東に進んでいる。また日本の南海上にも低気圧がある。
IMG_6476
(昼頃の空)
午前中は青空が見られたが、昼頃から高層雲に広く覆われてきた。日射しが弱められたため、昨日ほどは気温が上がらない。
IMG_6474
太陽の回りには、やや薄いが暈(ハロ)が見られた。

日本付近は東西に連なる高気圧帯に覆われている。日本海北部などにある低気圧に向かい南風が入り込み、気温が上がった。
IMG_6464
(朝の空)
日本海方面にやや発達した積雲列が見られた。
IMG_6466
IMG_6469
(昼頃の空)
日中はほとんど雲が無い快晴の空。南風のせいで最高気温は16℃まで上がり、季節外れの暖かさとなった。
IMG_6470
職場隣の公園の木々はすっかり葉を落としており、気持ちよい青空が透けて見えている。

↑このページのトップヘ