雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

2020年01月

日本海に発達・閉塞した低気圧があり、強風が吹き荒れた。
IMG_6676
(午前中の空)
前線に近く、強い雨となった。
IMG_6677
(昼過ぎの空)
昼頃には雲が一旦切れ青空が広がった。午後以降は風が強くなり、晴れ間と曇り空が交互に過ぎる、慌ただしい天気となる。風は夜になりさらに強まり、最大瞬間風速は西南西で25m/s~30m/s程の暴風となっている。

東シナ海に前線を伴った低気圧があり、発達しながら東北東に進んでいる。午前中は青空が広がり日射しもあったが、天気は下り坂となった。
RIMG0649
(昼頃の空)
高層雲に覆われ、かろうじて太陽の位置がわかる程度に光が弱い。夕方からは雨となった。
RIMG0647
(守門岳)
RIMG0648
(粟ヶ岳)
RIMG0651
(飯豊連峰)
東風となったため、高曇りだが遠方の山々がよく見える。光が弱いため、雪を被った姿が余計に寒々しい。

大陸から張り出していた高気圧がちぎれて、日本海に中心が移動してきた。雲は多めだったが、日中はかなり日射しもあった。
IMG_6673
IMG_6672
(昼頃の空)
波状の高積雲がきれいに空に現われ、太陽のまわりの雲が色付いて光冠(コロナ)となった。

冬型気圧配置が続き、暖冬だった山沿いでも少しだが、ようやく積雪が増えてきた模様。
IMG_6663
(午前中の空)
IMG_6667
(夕方の空)
海岸部の当地でも冷たい西寄りの風が吹き、時々雪が散らつく天気となった。夕方には、西に傾いた太陽が雲に隠され、幅の広い薄明光線(天使の梯子)が見られた。

日本付近は冬型気圧配置となっているが、日本海に低気圧があり北陸地方に近づいてきた。
IMG_6659
(午前中の空)
IMG_6660
(午後の空)
朝から昼過ぎまでは青空が広がっていたが、夕方から雲が増えだし雨が降り出してきた。夜は寒気が入ってきて、音を立てて霰が降る荒れた天気となった。

↑このページのトップヘ