雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

2020年01月

冬型気圧配置が持続。日本海寒帯気団収束帯(JPCZ)が日本海中央部を横切り北陸地方へ達している。海岸部では気温が高いため雪ではなく雨となっている。
IMG_6646
IMG_6647
(14:00頃の空)
上と下の写真は30分程の差で撮ったものだが、煙突の煙の流れる向きが変わっている。この間、発達した積雲の通過で雨風が強くなった。
IMG_6650
IMG_6654(2)
(夕方の空)
今日一日、時雨れる天気となった。

RIMG0619
今日も日本海側の冬らしい曇天模様の一日となった。降水は日中多少あったが雨で、相変わらず積雪は全く無い。

IMG_6645
西高東低の気圧配置が続いており、厚い雲に覆われ北西の風が強く吹きつける冬らしい天気となった。しかし寒気は弱く、午前中は時々雪となったものの、午後は雨に変わった。海岸部の当地では積雪は全く無い。
IMG_6644
年明け朝のハルの寝起き顔。

↑このページのトップヘ