雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

2020年02月

日本の南海上に移動性高気圧の中心がある。一方、北海道の西には上空に寒気を伴った低気圧があり、南東に進む。北日本では気圧傾度が大きくなっている。
IMG_6888
(夕方の空)
一日中雲が多く、時々俄か雨が降る。特に午後から夕方は、西南西の風が時々強く吹き付け、雨足も強くなり荒れ模様の天気となった。

千島付近で低気圧が発達しているが、東シナ海には高気圧が移動してきて、西から冬型気圧配置は緩みだしてきた。
IMG_6883
(夕暮れの空)
一日中西寄りの風が強く吹き、時折雨の降る荒れた天気となった。

日本海北部に前線を伴った低気圧があり、発達しながら東北東に進んでいる。夜には北陸地方を寒冷前線が通過した。
IMG_6879
(朝の空)
低気圧や前線が接近した影響で、朝から空には、鱗片が積み重なったようなものや、ロール状の高積雲が現れた。日中は南風だったが、夜には寒冷前線の通過で西風に変わり、かなり強く吹いている。

本州付近に中心のあった移動性高気圧は、ゆっくりと東海上へ・・・。
IMG_6875
(昼頃の空)
日中は雲が多かったものの日射しもあって、最高気温は数日ぶりに10℃を超えてきた。夕方には低い雲はかなり少なくなったが、上空の薄雲のため星空はぼやけていた。

日本海に高気圧が張り出してきたが、関東沖の低気圧の影響で雲の多い天気となった。
IMG_6874
(夕暮れの空)
雲に覆われ日射しが無く、弱い雨が断続的に降る肌寒い一日となった。夕方になり雲が少し切れてきた。


↑このページのトップヘ