雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

2020年02月

等圧線の間隔は広がり、日本海には低気圧が発生。冬型気圧配置は西から緩んできた。
IMG_6872
(午前の空)
曇り空で、日中もそれほど気温は上がらなかったが、午後は次第に雲が取れていき、夕方にはかなり青空が広がってきた。

日本海北部の低気圧が三陸沖に抜け、冬型気圧配置が強まった。
IMG_6870
(午前の空)
今日も西寄りの風が強く吹き続けた。最高気温は6℃台だが、体感的には寒さが身に沁みる。海岸部ではあまり降らなかったが、山沿いではまとまった雪となった所もあったようだ。

日本付近は西高東低の冬型気圧配置。日本海の北部に発達した低気圧があり、寒気が西回りで入り込んできた。
IMG_6867
(昼頃の空)
西寄りの風で雲の流れは早い。気温は未明に最高気温を記録した後、どんどん下がってきており、夜には1℃台となってきた。

本州の南岸と日本海に発達中の低気圧があり、北東方向に移動している。
IMG_6866
(午後の空)
当地がある北陸地方で「春一番」が吹いたと発表があった。ただこれは、北陸地方のいずれかの気象台で条件が満たされた風が観測されれば発表となるようだ。当地では昼前から雨が降り出し、昨日と同じくらいの最高気温でそれほど暖かくはなかったうえ、南風もそれほど強く吹かなかったことから、春一番の実感はあまりなかった。

東シナ海と黄海に前線を伴った低気圧があり、東北東に進んでいる。
IMG_6865
(夕方の空)
午前中は雲が多かったが、午後は雲が少なくなり晴れ上がってきた。ただ、やや霞んだ感じで太陽はぼんやりとしている。北風となったため、日中の気温は昨日ほどは上がらなかった。

↑このページのトップヘ