雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

2020年03月

本州の東海上で低気圧が発達。日本付近は等圧線が立て込む強い冬型気圧配置となった。
IMG_6992
上空に強い寒気が入り込み、最高気温は7℃程度で風の冷たい寒い一日となった。
IMG_6996
寒気の影響で雲が発達し、海岸部では時々雪霰が降った。
IMG_6990
雪霰で、地面が一面白くなることも。

日本海に低気圧があり、雲が大きく渦を巻きながら東北地方に近づいてきた。
IMG_6984
風はやや冷たかったものの日中は良く晴れた。
IMG_6985
夕方には日本海方面から雲が広がってきて、夜19時頃から強い雨が降り出した。

本州の南岸沖にある低気圧が発達しながら北東に進んでいる。
IMG_6983
雨はほとんど降らなかったが、雲が厚く北寄りの風が吹き、日中も気温が上がらず寒い一日となった。

樺太付近にある低気圧から延びる寒冷前線が、午後北陸地方を通過した。
IMG_6980
午前中はよく晴れて、自宅近くでは今年はじめてウグイスの鳴き声が聞こえてきた。日中は気温も上がったが、昼前から次第に雲が多くなり、寒冷前線が通過した15時頃から風向きが急変し気温は急降下、夜は雨となった。

高気圧が移動性となって、日本付近を広く覆ってきた。
IMG_6976
寒気の影響が残り、昼頃までは雲が多かったが、次第に天気は回復。午後はよく晴れてきて、澄んだ夕暮れとなった。

↑このページのトップヘ