雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

2020年05月

北日本に中心のあった高気圧は東海上に去り、日本付近は気圧の谷となっている。
CIMG9203
上層の雲が多く、太陽はぼんやりとしている。日中は、くっきりとした暈(ハロ)が見られた。
CIMG9216
午後は、さらに雲が増え厚くなってきた。湿度が高めで蒸し暑く、夜には雨が降り出した。

北海道付近に低気圧があり、そこから延びる寒冷前線が朝から昼前、北日本を通過した。
IMG_7324
当地は、未明から朝方雨となった。日中も上層の雲が多く、薄曇りのような感じが続いた。写真は、巻積雲に、さらにその上にできた飛行機雲の影が映り、黒い筋となって見えたもの。
IMG_7321
日中の気温は25℃まで上がり暑くなった。そのせいで、午後になると海から陸地に向けて湿った風が吹き込み、海上には低い雲も現れてきた。

千島の東にある高気圧はゆっくりと東に去り、日本海西部の前線を伴った低気圧が次第に近づいてきた。
CIMG9175
朝から昼過ぎまでは、ほとんど雲が無くよく晴れ上がった。
CIMG9192
日中の最高気温は26℃台まで上がった。海岸には、釣りをする人の姿が結構見られた。
CIMG9198
夕方になると、前線の影響で次第に雲が出てきた。
CIMG9169
海岸林では、ニセアカシアの花は盛りを過ぎて散り出してきた。
CIMG9182
代わって現在は、シャリンバイの花が見頃となっている。



日本付近は、千島の東に中心のある高気圧に覆われている。日本海側では、高気圧から吹き出す下層湿気の影響を受けず好天気。
CIMG9117
当地は、上層の雲がある程度で朝からよく晴れた。早朝、近所を散策。
CIMG9120
植えられた苗がまだ小さい水田では、風も無く水面が鏡となって周りの景色をよく映し込んでいる。
CIMG9144
CIMG9160
CIMG9162
CIMG9164
午後、市内にある湖沼「福島潟」へ行ってみた。遠景の山々では雲が湧き出し、やや発達した積雲により頂部が隠されている。気温も上がり、遊歩道を1時間程歩くと汗ばんできた。

日本海の低気圧は、弱まりながらゆっくりと北東に進んでいる。北日本から東日本は、千島近海に中心のある高気圧に覆われている。
CIMG9093
今日は、午前中雲が多く、山裾などでは層雲に覆われた所もあったようだが、昼からは晴れて初夏の青空が広がってきた。気温も21℃台まで上がり、暖かさが戻ってきた。
CIMG9050
今回の我が家の庭に自然に生えてきた植物は、サンショウ。ミカン科の低木で、丘陵や低山のやや湿りがちな環境で生えるようだが、我が家でも高木の下の日陰の場所に何本か自然に生えている。棘が多く、触る時には気をつけねばならない。柑橘のさわやかさを持った芳香がし、香辛料として使われる。これも自然に生えてくれて有難い植物だ。

↑このページのトップヘ