雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

2020年05月

日本海中部に低気圧があり、ゆっくりと東北東に動いている。
CIMG9090
ここ数日、気温が低く愚図ついた天気が続いている。今日も日射しが無く、朝晩は弱い雨が降る天気となった。日中の気温も16℃台止まりで肌寒かった。

日本海中部に上空の寒冷渦に対応した低気圧があり、ゆっくりと東に進んでいる。
CIMG9089
雲が厚く、時々弱い雨の降る天気となった。日中の気温は15℃台までしか上がらず、この時期としてはかなり肌寒かった。
CIMG9048
今回の我が家の庭に自然に生えてきた植物は、タラノキ。ウコギ科の低木で、丘陵や低山の日当たりのよいところに生えるとされているが、広くもない我が家の庭にも何本か自然に生えてきた。木全体に棘のあるのが特徴で、触る時には気を付けなければならない。春先の新芽は「山菜の王様」とも言われているようだが、そのまま放っておくと、写真のように羽状複葉が大きく茂った姿となる。

東海地方から関東地方にかけての南岸を、前線を伴った低気圧が東北東に進んだ。また、日本海西部に上空の寒冷渦に対応する低気圧があり、ゆっくりと東に移動している。
CIMG9087
当地は、南岸の低気圧の影響で、午前中は本格的な雨降りとなった。昼頃から雨は一旦上がり、午後は一部青空も覗く明るい曇り空となった。しかし、日本海の低気圧に向かい、下層に暖湿気が流入して大気が不安定になったことから、夕方から風が強まり、発雷を伴う大雨となった。

九州から四国には停滞前線が懸かっている。また、黄海付近には前線を伴った低気圧がある。
CIMG9084
前線から遠く離れた当地は、上層の薄い雲が多いものの、晴れの天気となった。
CIMG9086
太陽の周りには、暈(ハロ)が現れている。
CIMG9078
何回かに分けて、我が家の庭で自然に増えていった植物を紹介してみたい。
中部地方北部にもかかわらず、海岸から近い我が家の庭には、暖地性の植物が何種類か生えている。これは、元は園芸植物として購入したムサシアブミが、実生で増えていったもの。ムサシアブミは、本州西部から、四国、九州、沖縄などの海岸近くの林中に生えているテンナンショウの仲間で、独特の仏炎苞が目立つ植物だ。
CIMG9077
一鉢の株からこぼれ落ちた実生は、周りにたくさんの子株を増やしていった。生育環境があっているのだろう。

低気圧が関東の東海上へ進み、そこから延びる前線はやや南下してきた。
CIMG9056
朝の海岸。雨が降り、視界はあまり効かない。昼前には雨は上がったが、日中はまだ雲が多い状態が続いた。
CIMG9067
夕方になると、青空がかなり広がってきた。
CIMG9073
海上から湿った気流が入り込んでいるため、角田山の頂部は雲に包まれている。
CIMG9068
煌めく海上の向こうには、佐渡ヶ島がぼんやりと見える。

↑このページのトップヘ