雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

2020年05月

日本海に低気圧があり、東北東に進んでいる。
CIMG9014
当地は曇が厚く、時折雨の降る天気となった。低気圧から延びる温暖前線と寒冷前線の間の暖域に入り、南南東の暖湿気が入り込んだ昼過ぎには、風呂場に居るような蒸し暑さを感じた。

黄海付近に低気圧があり、そこから延びる温暖前線が西日本に懸かってきた。
CIMG9007
CIMG9009
朝から高層雲が一面空を覆う曇り空。早朝、散歩をしていると、きれいな波状層積雲が下層に見られた。ここまできれいに並んでいるのは、めったに見たことが無い。

東日本に中心のあった高気圧は、次第に南東海上に移動。華中付近に低気圧があり、東シナ海に前線が延びてきた。
IMG_7300
午前中は雲の無い快晴の空だったが、午後になると次第に上層の薄雲が増えてきた。暈(ハロ)も見られた。

日本海に中心を持つ高気圧に次第に覆われてきた。IMG_7286
午前中は雲が多く、朝のうちは雨も降った。昼頃から晴れてきたが、今日も気温は低く、最高気温は15℃台止まりだった。
IMG_7299
仕事の帰り、自宅近くの漁港の見える高台の駐車場に立ち寄った。太陽は沈んだ後だったが、澄んだ空がきれいに暮色に染まっていた。佐渡が島のシルエットもよく見えているが、ここから見る島影は離島とは思えないくらい本当に大きい。
IMG_7295
振り返って東の空を見ると、満月が砂丘地にある住宅群の上に昇り出していた。

北海道の東と中国東北区に中心のある高気圧の間にあり、日本付近は気圧の谷となっている。
IMG_7283
昨日、今日と最高気温は16℃止まりとなった。昨日は晴れて日射しがあったものの、今日は雲に覆われ日射しが無く、体感的には一層肌寒く感じた。
IMG_7284
日没時、雲の間から光が射し、空が染まった。

↑このページのトップヘ