雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

2020年06月

梅雨前線は大きく南下し、本州付近は日本海に中心を持つ高気圧に覆われてきた。
CIMG9595
高気圧の中心に近い当地は、午前中は雲が多かったが、午後からよく晴れてきた。写真は、朝日が当たってきた早朝の枝豆畑。
CIMG9600
午後の海岸。雲はほとんど無くなった。ただ、高気圧から吹き出す風は冷たく、日中の最高気温は22℃台とやや肌寒い。


本州南岸付近に梅雨前線があり、その上を低気圧が四国付近から関東方面へ東進している。
日本海側の当地は、雨はほとんど降らなかったが、雲に覆われる一日となった。低気圧の移動に伴い地上付近の風向きが変わるとともに、上空の雲も高度によって異なる動きを見せた。我が家から見た朝から夕暮れまでの12時間の雲の動きを、300倍速のタイムラプスで見る。

黄海付近に低気圧が東進し、梅雨前線は九州北部まで北上してきた。
CIMG9558
朝のうちは、巻積雲や高積雲の下層に小さな層積雲の塊が散らばる程度で、青空が多く見えた。
CIMG9560
CIMG9563
午後になると次第に雲が増え、夕方には雲底がむらむらと乱れた厚い雲に覆われだした。



梅雨前線は大きく南下。東日本は日本海に中心を持つ高気圧に覆われてきた。CIMG9536
朝のうちはまだ雲が多かったが、次第に青空が広がってきた。
CIMG9546
日中はまだ上層の巻雲が多かったが、夕方になるとほとんど雲は無くなってきた。今日も仕事帰りに海に立ち寄る。日本海の高気圧は冷たく乾いた風を吹かせ爽やかだ。
CIMG9555
空気が澄んでいるため、佐渡の島影がよく見える。
CIMG9543
直線距離で約180㎞ある鳥海山(一番左側)も、珍しくよく見えている。

梅雨前線は日本の南海上まで南下したが、北日本には上空の寒気に伴った低気圧がある。
CIMG9523
ここ北陸地方も、上空の寒気の影響で雲が多く、昼頃には俄雨が降った。夕方には、日本海方面から雲が少なくなってきたので、仕事帰りに関屋分水河口近くにある公園に寄ってみた。
CIMG9518
展望台から見た東方向。頭上には青空が広がっている。
CIMG9531
南方向。内陸側はまだ雲が多い。
CIMG9527
西方向。海から低い雲が列状に入り込んでいる。
CIMG9522
弥彦山や角田山の頂上が隠れるほどの雲底高度。

↑このページのトップヘ