雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

2020年06月

梅雨前線は西から日本海まで北上。前線上に低気圧があり東進している。
CIMG9485
CIMG9491
朝方は、ところどころ層雲が発生し、弥彦山などの山裾が雲に隠された。
CIMG9490
頭上は高層雲に覆われ日射しが無い。昼頃から雨が降り出し、午後から夜は雨足強く降り続いた。

梅雨前線は、東日本では太平洋側沿岸付近に停滞。
CIMG9462
当地は今日も曇り空の一日で、朝のうちは低い千切れ雲が通る時、弱い降雨があった。
CIMG9477
午後以降は次第に低い雲が取れていき、青空も少しだが見えてきた。
CIMG9478
夕方には、少しだが日射しも出てきた。しかし、明日は再び梅雨前線が西から北上してきて、大雨の予想となっている。

昨日、日本海まで北上した梅雨前線は、太平洋側沿岸付近までゆっくり南下。
CIMG9460
当地は、昼頃までは雲の多い天気となったが、雨は降らなかった。
CIMG9459
鳥屋野潟湖岸から見た昼過ぎの空。右手の日本海方向から青空が広がってきた。

梅雨前線は日本海沿岸まで北上、東北南部に懸かってきた。
CIMG9456
今日は各地で梅雨入りとなり、北陸地方でも梅雨入りが発表された。当地のある北陸東部は、どんよりと雲が厚く湿気の多いじめついた天気となったが、雨が降ったのは僅かな時間で、それほど大きな崩れとはならなかった。

梅雨前線は、九州・四国付近まで北上してきた。
CIMG9452
週間予報では、明日以降、ここ北陸地方でも連日雨予想となっている。今日も最高気温が30℃を超え真夏日となる天気だったが、梅雨入り前の最後の晴天だったのかもしれない。
CIMG9453

↑このページのトップヘ