雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

2020年06月

本州は、伊豆諸島の東海上に中心を持つ高気圧に覆われている。九州の南にある梅雨前線が、北に盛り上がってきた。
CIMG9439
日本海側の当地は今日もよく晴れて、日中の気温は30℃を超えて真夏日となった。夕方の海岸も、空には雲が見られない。
CIMG9435
暑かったせいで、海岸には人影が多かった。
CIMG9441
今日も我が家の2階からは、佐渡ヶ島に沈む夕日がくっきりと見られた。

昨日、日本海にあった高気圧は本州の東海上に移動したが、まだ広く日本付近を覆っている。
CIMG9426
CIMG9429
空はよく晴れて、飛行機雲の人工的な直線だけが目に付いた。
CIMG9432
我が家の2階から見た日没直前の佐渡ヶ島。この時期、日没時刻は19:00すぎとなり、日の沈む位置もかなり北寄りとなっている。(中央に見える山が最高峰の金北山)

日本海に中心を持つ高気圧が、ゆっくりと南東へ移動している。
CIMG9404 (1)
当地は、よく晴れた一日となった。
CIMG9406 (1)
ただ、海から湿った気流が入り込んだため、朝のうちは海岸部などでは雲が多かった。
CIMG9403 (1)
弥彦山(左)は、頂上部が雲で隠れている。
CIMG9423
高気圧から吹き出す北風で気温は上がらず、日中の最高気温は22℃台と涼しかった。夕方の空は、上層の雲のみ。
CIMG9414
北風となったため、海はやや波が立っていた。日曜日なのでサーファーの姿も見られた。

梅雨前線は日本の南海上にある。大陸から高気圧が日本海中部に移動してきた。
CIMG9386
日の出が早い最近は、土日になると早起きして海岸など家の近くを散策している。我が家から日本海までは1㎞もないが、その間に数百mの幅の海岸防風林がある。クロマツが主体の林だが、江戸時代から植林が始まっていたようで、林床には多様な植物が繁茂している。初夏の今頃はノイバラの花が盛んだ。
CIMG9388
暖地の海岸に自生するトベラも、白と黄の混ざった花を咲かせだしている。
CIMG9389
曇り空の早朝の海岸には、釣りをする人の姿がぽつぽつ見られた。
CIMG9405
日中は上層の巻雲などが多かったものの、気温は低めでさわやかな初夏の日和となった。
CIMG9410
我が家の2階から見た佐渡ヶ島に沈む夕日。

日本の南海上には梅雨前線が停滞。日本海北部に低気圧があり、そこから延びる寒冷前線が北日本から北陸地方に懸かっており動きが遅い。
CIMG9383
当地は、朝のうちは晴れたが次第に雲が増えていき、湿度の高い蒸し暑い天気となった。風のシアが大きく、上層と下層とで雲の動きが大きく異なっていた。

↑このページのトップヘ