雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

2020年06月

引き続き日本の南に梅雨前線が停滞。日本海北部にも前線を伴った低気圧がある。
CIMG9380
当地は晴れて、最高気温も29.5℃と真夏日直前だった。今日も仕事の帰り、小針浜に立ち寄る。昨日より遅く着いたので、夕日が佐渡ヶ島の山並みに落ちる直前だった。暑かったせいで人影も多い。
CIMG9382
立体的な積雲の群れが薄色に染まる。

日本の南海上には梅雨前線が東西に長く横たわっており、九州付近では北に盛り上がっている。
CIMG9377
日本海側の当地は、昼前後曇りがちとなったが、朝夕は上層の雲のみでよく晴れた。夕暮れの時間が遅いこの時期、天気がよい日の職場からの帰路にはよく、小針浜の駐車場に立ち寄り海を眺めている。今日も海面は穏やかで、吹く風は心地よい。同じように海を眺めている人たちが結構いた。
CIMG9366
上層の薄い巻雲や巻層雲の下に、ぽつぽつと層積雲や高積雲の小さな雲塊があり、高度の低い太陽から射した光線が隠されて光路が見えている。
CIMG9363
これは薄明光線といわれるもので、大気中のエアロゾルが太陽光線をミー散乱して、光路が見えるようになったチンダル現象の一種だ。

伊豆諸島付近にあった低気圧は東に移動し、梅雨前線は南に下がった。
CIMG9343
当地は未明に雨が降り、午前中は雲がやや多かったものの、次第に良く晴れてきた。
CIMG9345
天気が良い日は、昼休みに職場付近を歩き周っているが、今日は、ボタン雪のような綿毛がたくさん飛んでいるのに出会った。道端には、所々でうっすら積もっている。
CIMG9344
この綿毛の元を探すと、鳥屋野潟の湖岸に生えているポプラ(セイヨウハコヤナギ)の大木であることが分かった。
CIMG9347
CIMG9348
木の下に行き見上げると、白い綿毛の付いたポプラの種子がたくさんぶら下がっている。やなぎには、楊(枝が立つもの)と柳(枝が垂れるもの)があるが、どちらも雌株には花が咲いて実を結び柳絮になる。絮とは綿のことだ。柳絮は晩春の季語だが、北海道では初夏の6月にポプラの柳絮が乱舞すると聞いている。

梅雨は全体的に北に上がり、伊豆諸島付近に低気圧が進んできた。
CIMG9322
CIMG9325
日本海側の当地も、厚めの高層雲などに覆われ、一日中ほぼ曇り空となった。気温は26℃台まで上がり、少し蒸し暑い。夕方の海岸は、珍しくほぼ無風。海面は凪いで、空の明るさの濃淡を映し込んでいる。
CIMG9334
40㎞程沖合にある佐渡ヶ島も、くっきり見えている。
CIMG9339
薄明光線が降り注ぎ、スクリーンのようだ。


↑このページのトップヘ