雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

2020年07月

佐渡ヶ島付近に低気圧があり、ゆっくりと東北東に移動している。上空に寒気を伴っており、周辺で雲が発達、所々で雨が強く降っている。
CIMG9967
当地は日中雨降りとなったが、夕方には一旦止んだ。
今日も帰宅の途中、最近よく立ち寄る関屋分水河口近くの展望台に上がり空を眺めた。
CIMG9968
佐渡ヶ島方面には、水平線近くに降水域の暗いカーテンが懸かっている。
CIMG9977
その右、真北から北東の方向まで降水域のカーテンが続いている。
CIMG9976
さらに右、東の方向の空。
夜になると再び雨が強く降り出し、大雨警報が発令された。

山陰沖の日本海に低気圧があり、ゆっくりと東進。中心から閉塞前線が東に伸び、北陸東部から東北南部に懸かっている。
CIMG9964
前線に近い当地では、朝方から雨が降り出し、ほぼ一日中強い降り方をしている。家の中に居ても、時々大きな雨音が聞こえてくる。外の写真が撮れないので、今日は我が家にある天気関係の玩具を・・・。
写真は、25年以上前にスイスの土産物屋で買った、鳩時計風の小さなからくり時計。裏を見ると、made in germany となっている。男の子と女の子の2体の人形が、湿度の変化で出たり入ったりするもので、今日のように湿度が高いと男の子が前に出てくる。今でも結構敏感に動いており、おそらく毛髪湿度計の原理を応用したものだろう。

梅雨前線は西日本で北上。黄海付近の低気圧が東に進んでおり、別の低気圧が山陰沖に発生した。
CIMG9944
当地は晴れているものの、朝からもくもくとした積雲が下層に多く見られた。
CIMG9952
昼頃になると、上層雲も大きく広がってきた。
CIMG9955
夕方の空。高積雲がぎっしりと詰まってきた。
CIMG9959
日没時には、オレンジ色に雲が染まった。

梅雨前線は太平洋沿岸まで南下、日本海西部に高気圧が移動してきた。ただ、東北地方には弱い低気圧が残っている。
CIMG9934
CIMG9938
朝の海岸。
当地は午前中は雲が多く、朝のうちは一時雨の降る天気だった。昼過ぎからは青空がかなり広がってきて、湿度も下がり、爽やかな空気に覆われてきた。

低気圧が日本海を東進。梅雨前線はゆっくりと南下してきた。
CIMG9913
当地は一日中曇り空で、時々雨の降る天気となった。早朝、雨が降っていなかったので、家から近い田園地帯を散歩する。
CIMG9914
遠景の飯豊山地には笠雲が懸かっており、上空には吊るし雲も現れた。日本海に低気圧があり、東風が吹く時に時々見られる現象だ。
CIMG9920
7月になり、田んぼの稲は青々と大きく育ってきた。
CIMG9924
西川(信濃川の支川)沿いの遊歩道から見た空。
CIMG9926
道の脇では、ネムノキの花が咲き出していた。

↑このページのトップヘ