雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

2020年07月

朝鮮半島付近に低気圧が進んできて、日本海の梅雨前線は活動が活発になってきた。
CIMG9894
当地は昼前から雨が降り出し、時々強い降り方となった。弥彦山や角田山にも雲が懸かっている。
CIMG9901
気温はそれほど高くはないが、湿気が多くじめじめしている。我が家のハルは、冷感素材の布団の上がお気に入りの場所となっている。

梅雨前線は引き続き九州北部から本州付近に停滞。
CIMG9882
夕方の海岸。一日中曇り空が続いたが、夕方になると日本海方面は雲が薄くなり、少しだが日射しが現れてきた。ただ、水蒸気が多いせいか、全体的に白濁した夕景となっている。
CIMG9890
海面のやや上に濁った雲の層が2層出来て、佐渡ヶ島の姿は見えない。
CIMG9893
我が家から見た日没直後の空。

日本海沿岸に沿うように停滞していた梅雨前線は、ゆっくりと太平洋側まで南下。活動も一旦衰えてきた。
午前中、岐阜県及び長野県では大雨特別警報が発令された。
CIMG9880
夕暮れの空。
当地は昼前まで雨が降り続き、時々やや強い降り方となったが、午後からは晴れ間も覗く天気となった。



梅雨前線は今日も日本海沿岸付近に停滞。九州北部をはじめ、全国的に大雨となっている。
CIMG9863
CIMG9869
夕方の関屋分水河口付近から見た空。
本県でも一部地域に大雨警報が発令され、時々強い雨の降る天気となった。

梅雨前線は日本付近でやや北上し、日本海側沿岸付近にある。
CIMG9855
九州などで再び激しい雨となった。当地も雲が厚く、時々雨の降る天気となっている。

↑このページのトップヘ