雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

2020年07月

梅雨前線は、昨日とほとんど位置を変えず日本付近に停滞している。
CIMG9831
西川(信濃川の支川)付近から見た早朝の空。
当地は、曇り空で一時雨の降る天気となった。
CIMG9848
弥彦山、角田山は層雲に包まれている。
CIMG9853
夕方の空。一日中雲が取れることはなかった。


梅雨前線が日本列島の太平洋側に沿うように停滞。熊本県など九州南部では記録的な豪雨となった。
CIMG9808
日本海側の当地でも、南西から北東の走向で次々と雲が入り込み、日中の一時的な小康状態を除き、ほぼ一日中雨が降り続いた。
そんな雨の中、早朝、近所の砂丘地を散歩した。
小さなブドウ畑では、みどり色のブドウの実がかなり大きくなってきた。
CIMG9811
ラベンダー畑では青紫の花が咲き誇り、やすらぐ香りが漂っている。
CIMG9812
ネギ畑も雨で濡れ、葉の青が瑞々しい。


東シナ海に低気圧が東進しており、九州付近では梅雨前線が北上してきた。北日本は、日本海の高気圧に覆われ晴れている。
画像は、我が家から見た北西方向の空。朝から夕暮れまでの12時間の雲の流れを、10秒間隔のタイムラプス撮影したもの。最初、下層の雲が東から西へ流れているが、それが切れると、上層の雲が西から東へ流れているのが見えてくる。空の立体構造がよくわかる。

梅雨前線は太平洋側の沖合まで遠ざかり、日本海にあった低気圧は衰えながら北日本付近に達した。
CIMG9799
当地は、朝方まで雨が残ったが、日中は曇り空ながら雨が降ることはなかった。写真は夕暮れ直前の北西の空。


日本海中部には、動きの遅い閉塞した低気圧がある。 寒冷前線が東日本から日本の南海上を通り、東シナ海まで伸びている。前線に向かって下層暖湿気が流入、所々で雲が発達し大雨となっている。当地も、時々強い雨の降る天気となった。画像は、朝から夕暮れまでの12時間の空を10秒間隔のタイムラプスで撮影したもの。鉛直シアが大きい前線付近の激しい雲の動きが記録されていた。
CIMG9787
CIMG9788
今日から7月。1年の半分が終わった。今年も家の近くの神社で、夏越の祓の茅の輪くぐりを行ってきた。

↑このページのトップヘ