雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

2020年09月

本州の南岸に梅雨前線が停滞、紀伊半島沖と関東沖には低気圧がある。
オホーツク海に中心を持つ高気圧との間で、相変わらず等圧線が立て込んでいる。
IMG_7582
(夕方の空)
当地は朝から夕方まで雨が降り続き、時々雨足が強くなった。また、日中は北東の風が吹き込んだため、気温は20℃を切るような肌寒い天気となった。

日本の南海上に秋雨前線が停滞。関東の南東海上の台風12号は、午後には温帯低気圧となって前線に取り込まれた。
東日本から北日本は、オホーツク海に中心のある高気圧の張り出しで気圧傾度が引き続き大きく、東寄りの風が強くなっている。
IMG_7581
当地は南東の風が一日中強めに吹き、雲に覆われ日射しのほとんど無い天気となった。

台風12号が伊豆諸島付近を北東に進んでいる。
一方、オホーツク海に中心を持つ高気圧が、北から日本付近に張り出している。
CIMG0073
(日中の空)
高気圧と台風との間で、北日本から東日本では気圧傾度が大きくなっている。
当地では南東の風が強めに吹いており、日中の気温は29℃まで上がった。
CIMG0074
(夕方の空)
空にあるのは、もっぱら中・上層の雲で秋らしい。
CIMG0078
(日没直後の空)
夕日が沈んだ佐渡ヶ島の向こうから、サーチライトのような一筋の薄明光線が長く伸びる。
CIMG0086
光を受けて、太陽から離れた位置の高積雲の雲が明るく染まっている。

日本の南海上に秋雨前線が停滞、前線の南では台風12号が徐々に北上中。
沿海州には高気圧の中心があり、北から日本付近に張り出している。
CIMG0071
(午後の空)
連休最終日の秋分の日。当地は東寄りの風が吹き、ほとんど日射しの無い曇り空の天気となった。

日本の南に秋雨前線が停滞しており、そのさらに南に台風が発生し北上している。
CIMG0047
(午前中の空)
当地は基本的には晴天だが、雲の多い天気となった。
CIMG0050
(午後の空)
一部やや発達した積雲も見られた。
CIMG0066
(夕方の空)
CIMG0063
今日は、阿賀野川の河川敷公園でデイキャンプを楽しんだ。
暑くも無く、吹く風は心地よい。

↑このページのトップヘ