雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

2020年09月

台風9号から変わった低気圧が中国東北部にある。閉塞地点から伸びる前線が日本海を通り西日本に達している。
IMG_7521
(夕暮れ時の北方向の空)
日本海の前線に向かって、日本の南海上にある台風10号から下層暖湿気が流入。本州付近では大気が不安定となり、各地で対流性の雲が発達した。当地でも朝夜短時間だが激しい雨が降った。

大型の台風9号は、午後には中国東北部で温帯低気圧となった。日本海側では、台風に吹き込む南寄りの風が山越え気流のフェーンとなって高温となった。
CIMG0695
CIMG0696
IMG_7520
当地は南東の熱風が吹き続け、最高気温は38.8℃に達した。
同じ県内の三条市では40.4℃、胎内市では40.0℃を記録し、国内では観測史上初めて9月に入ってからの40℃超えとなった。

九州の西の海上を台風9号が北上。千島のはるか東に高気圧があり日本付近に張り出している。
CIMG0664
(17:30頃の南東方向の空)
福島県南会津地方で発生した積乱雲の、巨大なかなとこ状の姿。
垂直方向に発達した雲は、はるか遠方からも望見できる。
CIMG0689
(18:00頃、上の写真とほぼ同方向の空を別位置から)
積乱雲は、短時間でもその姿を大きく変える。
CIMG0684
高気圧と台風の間の気圧傾度が大きく、全国的に風が強めに吹いている。
当地でも南東の風が強く吹き、田んぼの稲が大きく揺れている。
CIMG0685
日本海側はフェーン現象も加わり高温となった。

非常に強い台風9号は東シナ海を北上している。千島の東に中心のある高気圧が日本付近に張り出している。
CIMG0662
高気圧からの東風で、東日本の太平洋側などでは雨となった。
日本海側の当地では、山越え気流となった南東の風が強めに吹き続け、雲は多めながら最高気温は32℃台と再び暑くなってきた。

↑このページのトップヘ