雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

2020年10月

日本海の高気圧は、東に移動しながら本州付近を広く覆ている。
CIMG0412
(夕暮れの空)
昨日までの時雨模様は解消し、朝のうちこそ雲が多かったものの、日中は雲の無い穏やかな天気となった。
IMG_6868
(月の出)
しばらくすると、今月2度目となる満月が東の空に昇ってきた。
ハロウィーンの満月は46年ぶりとのこと。


日本付近は今日も弱いながら西高東低の気圧配置となっている。
CIMG0395
(午後の空)
上空に寒気が入り、日本海には筋状の雲が現れている。
海岸部の当地では、強い北西の風に乗り、積雲が海上方向から流れてくる。
CIMG0398
(夕方の日本海)
日本海は荒れているが、向こうには佐渡ヶ島が見えている。
雲には切れ間が多く、これが晴れ間と俄か雨が交互に訪れる理由となっている。

昨晩、北日本から東日本を通過した寒冷前線は東海上に抜けた。
日本付近は、弱いながら西高東低の気圧配置となって、日本海には筋状の雲が現れた。
CIMG0391
CIMG0392
(朝の空)
昨晩は雷雨となったが、朝には青空も見える天気となった。
冬型気圧で西北西の冷たい風が吹いたが、海岸部の当地では大きな崩れにはならなかった。

本州付近に中心のある移動性高気圧は東に移動。
日本海北部の低気圧から伸びる寒冷前線が、夜には日本海沿岸に近づいてきた。
CIMG0388
(朝の空)
当地は今日も雲が多めながら青空が広がり、日中いっぱい天気は持った。
夜になると日本海方面から寒冷前線が接近し、23時過ぎから雷鳴が聞こえだしてきた。

大陸から張り出してきた高気圧の一部が移動性となって日本海に中心を置いている。
CIMG0384
(朝の空)
当地は、やや雲が多いものの穏やかに晴れ、日中の気温も18℃台とすごし易い陽気となった。

↑このページのトップヘ