雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

2020年12月


(北西方向の空の、朝から夕暮れまでの雲の流れの300倍速タイムラプス画像)
冬型気圧配置だが、日本海では等圧線が緩んできている。
日本海側では雲が多いが、今日は次第に天気が回復してきた。
当地は北西の風が吹いており、雲動画も正面から雲がどんどん飛び込んでくるように映っている。




(北西方向の空の、朝から夕暮れまでの雲の動きの300倍速タイムラプス画像)
大陸から優勢な高気圧が張り出して、日本付近は西高東低の気圧配置が続いている。
北陸沿岸には小さな低気圧があり、東北東に進んでいる。
日中低気圧が通過した当地では、下層から上層まで複雑な雲の動きが見られた。

大陸から高気圧が張り出し、西高東低の気圧配置となっているが、本州付近は等圧線が緩んできている。
午後には山陰沖に低気圧が発生した。
CIMG0003
CIMG0005
(昼過ぎの空)
ここ数日続いた冷たい雨は明け方までには上がり、日中は青空が広がりようやく日射しも出てきた。
遠景には、雪をかぶった飯豊連峰も見える。

大陸奥地にある優勢な高気圧が日本付近に張り出して、北日本中心の冬型気圧配置。
北陸から北の日本海側では、雨や雪模様となっている。
CIMG0001
(昼過ぎの空)
当地は今日も低い雲が垂れ込め、時々冷たい雨が降る天気となった。
日中の最高気温は8℃台止まり、12月の北陸らしい寒さとなった。


↑このページのトップヘ