雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

2021年01月

日本付近は移動性となった高気圧に覆われてきた。
IMG_7979
(午後の空)
日本海側の当地も雲は多めながら青空が広がってきた。
ただ風は冷たく、日中の気温は4℃台止まりで、夕方以降冷え込んできた。

日本海に弱い低気圧が発生、冬型気圧配置は緩んできた。
IMG_7977
(午後の空)
未明から朝方までは気温が下がり、吹雪模様となって5cm程の新雪が積もった。
日中は風も弱まってきて、青空も少し覗く天気となった。

北海道の西で低気圧が発達、日本付近は等圧線が込み合い冬型気圧配置が強まっている。
IMG_7973
(昼過ぎの空)
西北西の風が強く吹き荒れ、瞬間風速は20m/sを超えている。
IMG_7974
(夕方の空)
海岸部の当地ではそれほど気温は低下しておらず、降雪は時々吹雪く程度。
ただ、上中越の山沿いでは大雪となっており、1日で数十cm積雪が増えてきている。

日本海に前線を伴った低気圧があり、急速に発達しながら東に進んでいる。
IMG_7970
(昼過ぎの空)
朝から雲が広がり日射しはほとんどみられない。
低気圧に向かって東風が吹いたため日中の気温は5℃台にとどまり、昨日までの暖かさは無くなった。
寒冷前線の通過・低気圧の発達で、当地では未明から暴風が吹き出す見込みで心配だ。

本州南岸と日本海北部に前線を伴った低気圧があり、東及び北東に進んでいる。
IMG_7968
(夕方の空)
午前中は北の低気圧から延びる寒冷前線が通過し雨が降った。
昼頃には雨は上がり、その後ゆっくりと天気は回復。
夕方には青空も見えてきた。

↑このページのトップヘ