雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

2021年01月

日本付近には強い寒気が入り込んできており、JPCZ(日本海寒帯気団収束帯)の北側では帯状対流雲が発達して次々に北陸地方に入り込んできている。
IMG_7873
(夜の雪の状況)
北西の強風が弱まり次第に南ないし東寄りの風となって、雪雲が海岸・平野部に貼りつくようになってきた。
平野部の上越市(高田)では、積雪がわずか1日で1m近く増え、積雪は一挙に180cmを超えてきた。
海岸部の当地でも、夕方から降雪が強くなり積雪が急増している。


日本海の低気圧は発達しながら東北東に進み、夜には東北地方北部に達した。
中心から延びる寒冷前線が午後東日本を通過、各地で強風が吹き荒れた。
IMG_7871
(昼過ぎの空)
当地では、寒冷前線の通過に伴い、14:00過ぎから西南西の風が非常に強くなってきた。
近郊の観測点(巻アメダス)では、15:00頃に36.7m/sの最大瞬間風速を記録し、周辺でトラックの横転事故が多発した。
天気は、16:00頃までは時折雲が切れ青空が見えるような感じだったが、16:30頃から猛烈な吹雪となり、みるみる景色が一変してきた。気温も18:00頃から氷点下に下がってきた。
強風の影響で、我が家は17:00過ぎから停電となっていたが、21:00頃にようやく復旧し、暗さと寒さか逃れことができた。

日本付近の等圧線は緩み、午後には日本海西部と北陸沿岸に低気圧が発生した。
IMG_7867
(朝の空)
当地は、年末以来一週間ぶりくらいに青空が広がる晴天となった。
朝は、雲の隙間から光が射し出す薄明光線が見られた。
中央の光は特に明るく輝き、サンピラー(太陽柱)のようにも見える。
IMG_7868
(昼過ぎの空)
日中は燦燦と光が降り注ぎ、明るさが眩しいくらいだ。
ただ気温は4℃程度までしか上がらず、日陰の氷はあまり融けない。
夜には低気圧の接近で雨が降り出した。

日本海と南西諸島に前線を伴った低気圧が発生。
日本海の低気圧は、午後には北陸沿岸に近づいてきた。
IMG_7862
(昼過ぎの空)
午前中は時々雪が降り、新雪がさらに積もった。
午後になると気温が上がり、雨に変わって積雪が緩んできた。

日本付近は弱い冬型が続いている。
IMG_7859
(昼過ぎの空)
今日も曇り空で日射しは無い。
寒気が緩んできたため、海岸部の当地では雨交じりの降雪となっている。
IMG_7861
降り積もった雪も、水気を含んだ思い積雪となってきた。
北陸の冬らしい景色だ。

↑このページのトップヘ