雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

2021年03月

日本海の弱い低気圧が北陸地方に接近・通過。
東日本を中心に一時的に西高東低の冬型気圧配置となった。
IMG_8344
IMG_8346
(夕方の空)
午前中雨が降り、雨が上がった午後も発達した雲が多く見られた。
風も南寄りから北西に変わり、日中の気温は昨日より大幅に下がった。

日本の南海上と日本海に弱い低気圧があり、本州付近は気圧の谷となっている。
IMG_8329
(朝の空)
全天雲に覆われ、ぼんやりと太陽の位置が分かる。
IMG_8330
(昼の空)
雲は薄くなり、ハロ(暈)がうっすら現れている。

IMG_8333
(夕方の空)
俄か雨が降る。雨の後の空には、西日を受けた積雲の柱が並んでいる。
IMG_8335
(日没直後の日本海)


高気圧は足早に本州の東海上に中心を移した。
南西諸島と北日本の一部を除き、全国的に晴れている。
IMG_8327
(日中の空)
高気圧の後面で南風が入り込み気温が上がった。
空は雲無く晴れ上がり、朝日連峰や飯豊連峰の雪山がよく見えている。

IMG_8328
(夕暮れの空)
気圧の谷の接近で、西の空から巻雲が広がってきた。

東シナ海に高気圧の中心が移動してきて、冬型気圧配置は緩んできた。
IMG_8323
(朝の空)
朝方は雲が多く、一時細かい霰が降る天気となった。
IMG_8324
(日中の空)
上空の寒気が抜けていき青空が広がってきたが、まだ発達した積雲も見られる。
IMG_8326
(夕方の空)
全天ほとんど雲が無くなり、すっきりとした夕空となってきた。

オホーツク海で低気圧が発達。
日本付近では等圧線が込み合い、久々に強い冬型気圧配置となった。
IMG_8315
(朝の空)
衛星写真では、日本海や東シナ海に筋状の雲が広範に見えている。
済州島の風下には、見事なカルマン渦が現れた。
当地も積雲系の雲が多い一日となった。
朝の通勤時、正面に積雲が壁のように連なっているのが見えた。
IMG_8318
(日中の空)
上空に寒気が入り、日中の最高気温は11℃程で、昨日より10℃も下がった。
IMG_8320
(夕暮れの空)
発達した積雲が、夕日に染まってくる。



↑このページのトップヘ