雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

2021年07月

関東の南東海上に熱帯低気圧があり、台風8号と同じようなコース
で北上している。
IMG_9511
(夕方の南方向の空)
上空の寒気の中心は昨日よりも南に移動、今日は中部地方や関東地
方で所々積乱雲が発達した。
写真は、群馬県北部で発生し北西方向の十日町市付近まで広がった
積乱雲。
IMG_9513
(同時刻の東方向の空)
昨日、積乱雲が大きく発達した山形県や福島県との県境方面では、
今日は発達した雲は見られない。

上空の寒気の影響で大気が不安定。
今日も東日本などで積乱雲が発達した。
IMG_9493
(12:40頃の空)
午後になり積雲が発達しだす。
IMG_9502
IMG_9506
(17:40頃の空)
阿賀町方向の山沿いで、大きな積乱雲が成長した。
積乱雲周囲に中下層の雲が取り巻き、頂部がよく見えない。
RIMG1084
(18:30頃の空)
室内に居ると、夕暮れが近いのに外がむしろ明るくなってきた。
南東方向を見ると、隣家の屋根を越えて巨大な雲が輝いている。
RIMG1086
(同時刻頃)
内陸部で発生した積乱雲が、平野部から海岸部へと移動してきたよ
うだ。
RIMG1091
RIMG1098
(同時刻頃)
雲底の一部には、雲のこぶがいくつも垂れ下がっている。
乳房雲のようだ。
RIMG1103
IMG_9509
(18:50頃の空)
海岸部近くまで迫ってきた積乱雲が、夕日を受けて淡いピンク色に
染まってきた。





台風から変わった温帯低気圧が日本海にあり、ほぼ停滞している。
本州付近の上空には寒気が入り込み、東日本などでは大気が不安定
となり積乱雲が発達した。
IMG_9433
(8:00頃の空)
今日も朝から雲が多い。
IMG_9434
(13:00頃の空)
午後になると各地で大規模に積雲が成長しだした。
IMG_9441
(17:15頃の空)
近くまで積乱雲が移動してきた。強い降水シャワーで中央から右側
は霞んでいる。
IMG_9445
(17:30頃の空)
降水のあった方向には、大きな虹が懸かっている。
IMG_9447
(17:45頃)
別位置から見た積乱雲と虹。
IMG_9455
(18:00頃の海岸から見た空)
積乱雲からの降水シャワーはあちこちで見られる。
IMG_9472
(18:00頃の海岸から見た空)
日本海の上に大きな姿を見せる多毛積乱雲。
雲の下部は、やはり降水で霞んでいる。
IMG_9476
(18:00頃の海岸から見た空)
山形県との県境方向に屹立する積乱雲。こちらは頂部がかなとこ状。





台風8号は宮城県に上陸した後、東北地方北部を横断し、午後には
秋田県沖の日本海で温帯低気圧となった。
IMG_9386
(13:00頃の空)
当地は午前中時折強い雨が降った。
午後ももこもこした積雲があちこちに見られ、台風通過らしいにぎ
やかな空模様となった。
IMG_9391
(同時刻頃の北東方向の空)
発達した積雲の下では強い降水があり、雲底が暗くなっている。
IMG_9394
(18:00頃の日本海方向の空)
雲の切れ間から薄明光線が射し込む。
IMG_9397
(同時刻頃の秋田県沖方向の空)
この方向に台風から変わった低気圧の中心がある。
IMG_9415
(18:30頃の東の空)
発達した積雲の周囲では降水があり、虹が現れている。
IMG_9417
(同時刻頃の東の空)
僅かな時間で雲の色、虹の様子も変わってくる。
IMG_9430
(19:00頃の北西の空)
台風通過後の鮮やかな夕焼け雲。





台風8号は関東の東海上をゆっくりと北上している。
IMG_9379
(18:30頃の東の空)
台風の外周の雲が回転しながら次々に懸かり、日本海側の当地でも
日中通り雨が繰り返された。
発達した積雲が夕日に染まる。
IMG_9380
IMG_9381
(同時刻の海上方向の空)
日中は北寄りの風が吹き、海上から湿った気流とともにに低い雲が
入り込んだ。

↑このページのトップヘ