雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

2021年07月

IMG_9245
(夕方の南の空)
今日は北関東や東北南部で積乱雲が爆発的に発達した。
当地からも福島県境方面で発生発達した積乱雲がよく見えた。
IMG_9248



IMG_9235
(夕方の南の空)
昨日までに比べると規模は大きくないが、内陸山岳部では今日も夏
らしい雄大積雲が湧き上がっている。

太平洋高気圧に覆われ、東日本では良く晴れて今日も暑かった。
IMG_9224
(16:20頃の南の空)
海岸部の当地は、頭上には雲の無い天気だった。
ただ内陸部では、今日も積乱雲が発達したところがあった。
昨日朝顔型の雲が見られたのとほぼ同方向の福島県境の奥只見ダム
付近で、今日も積雲が大きく成長している。
IMG_9225
(16:50頃の同方向の空)
成長を続けた雲は圏界面に達し、頂部が平たくなってきた。
IMG_9229
(17:10頃の同方向の空)
巨大な、かなとこ雲に成長した。
RIMG1043
今日は、山形県境の朝日連峰方面でも積乱雲が発生発達した。

今日も西日本では、南海上からの暖湿気流の影響で雲が多く九州や
四国では大雨となっているところがある。
一方東日本では、太平洋高気圧に覆われ晴れて高温となっている。
IMG_9222
(18:30頃の南の空)
当地もよく晴れて暑くなった。
ただ夕方、南の方向に朝顔形の白く輝く大きな雲が現われた。
レーダーや衛星画像の雲の動き見ると、どうやら福島県会津駒ケ岳
付近で発生発達した積乱雲の上部が、上層の風に流されて北西方向
に広がってきたもののようだ。
高層天気図を確認すると、東日本の300hPa面では南東の風となって
いる。ここからも、東日本が太平洋高気圧の勢力下にあることが分
かる。



太平洋高気圧に覆われ東日本では晴れているが、西日本は南海上か
らの暖湿気の流入や上空の寒気の影響で雲が多くなっている。
IMG_9205
(昼の空)
東日本では昨日までとは異なり、大気が安定してきて発達した積乱
雲は見られなくなった。
IMG_9209
(日没後の空)
夕陽が佐渡島に沈んだ後、上空の雲が淡く染まってきたす。
IMG_9211
それから数分後、雲の赤みが増して夕焼け色となった。






↑このページのトップヘ