雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

2021年07月

梅雨前線は日本海側まで北上し停滞を続けている。
IMG_9160
(夕方の空)
昼頃まで時々雨となったが、午後には雨は上がり陽射しも出てきた。
ただ湿度が高く、雨上がりの蒸し暑い天気となった。


雨前線は日本海沿岸付近に停滞。
九州から東北地方にかけて、各地で大雨となっている。
IMG_9157
IMG_9158
(夕方の空)
当地もじっとりとした雨模様の天気となり、午後は雷を伴い時折激
しい降り方となった。

梅雨前線は本州付近に停滞しており、山陰沖には低気圧がある。
IMG_9144
(夕方の空)
全国的に曇り空となっているが、東北地方の日本海側など一部では
青空が広がっているところがある。
当地も、基本的に曇り勝ちだが日中はそこそこ日射しがあった。



梅雨前線は本州付近に停滞しており、日本海側などで大雨となって
いるところがある。
IMG_9140
IMG_9142
(夕方の空)
当地では、朝まで結構いい降り方で雨となっていた。
日中はほぼ雨は上がったものの、曇の多い空模様が続いた。

梅雨前線は西日本で北に盛り上がっており、前線上の日本海には低
気圧があって東北東に進んでいる。
IMG_9138
(朝の空)
日本海側にも暖湿気が流入しており、当地でも朝から時々雨が降る
天気となっている。
工場の煙突から排出される水蒸気を含んだ煙が、上空の積雲に吸い
込まれているように見えている。
IMG_9139
(夕方の空)
濃い灰色の一面の雲底。
夜には雨の降り方が強くなって、大雨注意報が発令されている。

↑このページのトップヘ