雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

2021年07月

日本海北部に低気圧があり、梅雨前線は日本海沿岸部まで北上して
いる。
IMG_9136
(夕方の空)
当地では、昼過ぎまで時々雨の降る天気だった。
午後になると雨はほぼ上がり、夕方には太陽が少しだけ顔を見せて
きた。

梅雨前線は西から大きく北上。
前線上の日本海西部には低気圧があり北東に進んでいる。
IMG_9134
(夕方の空)
当地では昼前から雨が降り出し、午後は本格的な降雨で久々にまと
まった雨量となっている。

梅雨前線は太平洋岸に沿って停滞、関東地方などでは記録的大雨と
なり大きな被害が出たところがある。
IMG_9132
(夕暮れの空)
日本海側では、今日も日中は青空が広がった。
内陸山沿いでは積雲が発達したところもあるが、海岸部の当地では
上層の雲が懸かる程度だった。

梅雨前線は太平洋岸に沿うように停滞している。
IMG_9125
(朝の空)
日本海側の当地は、今日も前線の雲域の北側で青空が広がった。
IMG_9127
(日中の空)
南東の風が吹き、最高気温は30℃超え真夏日となった。
IMG_9128
IMG_9130
(夕方の空)
まだ雨を降らすような雲は見られない。
しかし夜遅くなると、当地でも雨雲が広がってきた。

梅雨前線は太平洋沿岸近くに停滞している。
IMG_9121
(日中の空)
前線から離れた日本海側では青空が広がっている。
当地もよく晴れて、気温も30°を超えて2日続けての真夏日となった。
IMG_9123
(夕方の空)
今日は発達した積雲もほとんど見られなかった。

↑このページのトップヘ