雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

2022年02月

千島付近で低気圧が猛烈に発達、東日本から北日本では等圧線が非常
に混み合った強い冬型気圧配置となっている。
IMG_1064
IMG_1065
日本海側では山沿いを中心に強い降雪となっており、積雪量が増え
ているところがある。
海岸部の当地は、北西の風が強く吹き荒れているものの、雲が切れ
て晴れ間が多くなっている。積雪はほとんど増えていない。

IMG_1059
風が弱く穏やかな日和となった。
日本海は波が無くとても穏やか。
ところどころ雪を被り、斑に白くなっている佐渡の山並みが見える。

四国沖に前線を伴った低気圧があり東北東に進んでいる。
IMG_1058
薄曇りの空に暈(ハロ)

冬型気圧配置は西から緩み、日本海には移動性となった高気圧の中心がある。
IMG_1054
IMG_1055
地上付近の風は弱いが、全般的に雲が多い空模様。
製紙工場の煙突から真上に立ち昇る煙が、雲となって空に留まり続けている。

冬型気圧配置が強まっている。
IMG_1048
上空に強い寒気が入り込み、山沿いでは大雪警報が発令されている。
海岸部の当地では雲の切れ間が多く、ほとんど降雪は無かった。
ただ日中も寒さが厳しい。

↑このページのトップヘ