オホーツク海に発達中の低気圧があり、大陸の高気圧が東シナ海方面に張り出してきて、日本付近の気圧傾度が大きくなっている。日本海の筋状の雲は大陸からの離岸距離が小さく、冬型が強いことを物語っている。
IMG_6434
(朝の空)
当地は、朝のうちは青空も見られたが、その後は中下層の対流雲が流れ込み、時々風雨が強まる荒れ模様の天気となった。