(北西方向の空の、朝から夕暮れまでの雲の流れの300倍速タイムラプス画像)
日本付近は西高東低の冬型気圧配置となっており、日本海は季節風の吹き出しによる雲に覆われている。
大陸から張り出している高気圧の一部が、日本海西部に移動性となってきた。
当地は、日射しが出たり俄か雨が降ったりと、目まぐるしく変わる時雨模様の天気となった。
北西の風が吹き、気温は一日中ほとんど上がらなかった。