日本付近には強い寒気が入り込んできており、JPCZ(日本海寒帯気団収束帯)の北側では帯状対流雲が発達して次々に北陸地方に入り込んできている。
IMG_7873
(夜の雪の状況)
北西の強風が弱まり次第に南ないし東寄りの風となって、雪雲が海岸・平野部に貼りつくようになってきた。
平野部の上越市(高田)では、積雪がわずか1日で1m近く増え、積雪は一挙に180cmを超えてきた。
海岸部の当地でも、夕方から降雪が強くなり積雪が急増している。