5月の連休中、新発田市付近から間近に望める二王子岳と蒜場山の雪形の状況を観察した。
七の字
(2021年5月4日 新発田市菅谷から見た 二王子岳北西面)
山頂の左下に「七の字」の雪形が見える。
逆さ男
(2021年5月4日 新発田市小豆から見た 二王子岳南西面)
山容の大きな二王子岳には、非常にたくさんの雪形が現れるが、その中でも最も名が知られているのが「逆さ男」の雪形。両足を広げて逆さになっている姿として見えている。
杁形
(2021年5月4日 新発田市小豆から見た 二王子岳南面)
二王子岳の南に連なる峰の直下に現れる「杁形」。
鷺の首とカタツムリ
(2021年5月4日 新発田市赤谷から見た 蒜場山西面)
左側は、鷺が両翼を広げた形で細長い首を伸ばしたように見える「鷺の首」の雪形。
首がもげると、山にゼンマイ採りに入る頃とされる。
右側は、「カタツムリ」のように見える雪形。
これが見られるようになると、里では田植えの準備に忙しくなるとされている。

〔参考:斎藤義信「図説雪形」〕