雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

カテゴリ: 天気

高気圧の中心は北海道の東海上に退き、本州付近は高気圧の後面になってきた。
IMG_7628
当地は、日中は未だ雲の無い快晴の秋空となった。
昨日と同様、夕暮れの澄み切った空には、月が綺麗な姿を見せる。
しかし快晴の空もここまで、夜になると急速に雲が広がり出した。

日本海の中央に移動性してきた高気圧に覆われ、全国的に晴天域が広がっている。
IMG_7627
当地も、からりとした秋晴れとなった。
日没後の澄んだ空に三日月が冴える。

日本の南海上に前線が停滞しており、九州地方北部~東北地方北部を結ぶ線より南では雲に覆われる天気となっている。
CIMG0349
CIMG0353
CIMG0355
日本海側の当地でも、ほぼ一日中曇り空の状態で日射しは無かった。
ただ、太平洋側から遠い佐渡ヶ島方面は晴天域と曇天域の境界に近いようで、今日も海に沈む夕陽の輝きを見ることができた。

本州付近は、幅は狭いが東西に連なる高気圧帯に入り、日本海側では比較的晴れ間が多かった。
CIMG0330
(朝の空)
CIMG0332
(夕方の空)
CIMG0340
(日没直後の空)
CIMG0344
(宵闇迫る空)

秋雨前線が日本の南海上に停滞。太平洋側では雨となっている。
CIMG0309
日本海側の当地では雲が広がり弱い俄か雨はあったものの、大きな天気の崩れとはならなかった。
ただ気温は低く、最高気温は15℃を僅かだが下回った。
日没時頃には、日本海方面から雲が切れてきた夕日が射してきた。
CIMG0314
夏の間は佐渡ヶ島の中央付近に沈んでいた夕日だが、秋になって沈む位置はかなり南に移動してきた。
今日の日没位置は、能登半島方向あたりの日本海となっている。
CIMG0307
能登半島は遠すぎて見えないが・・・
CIMG0326
水平線に太陽が沈んだ後も、雲は染まり続ける。


↑このページのトップヘ