雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

カテゴリ: 天気

IMG_4272
前線を伴う低気圧が日本海沿いを東進。西日本では大雨となった。当地では昼頃から雨降り出す。
IMG_4273
職場の隣の公園園路は樹木が生い茂り、そこそこの雨では歩いていても濡れることはない。しかし、夕方からは本格的な降り方となった。

IMG_4266
上空の寒気も抜け、高気圧に覆われてきたので天気は回復傾向。しかし、午前中は全天に雲が多く残る。
IMG_4269
午後になると、雲の間隔も広がり青空が多くなってきた。
夕方の西の空には、細く鋭い三日月が見られた。

IMG_4251
日本海に500hpaで-15℃以下の寒気を伴うトラフがあり、下層では日本海北部の低気圧に向かい暖湿気が流入。東日本~北日本では大気が不安定になり雲が発達した。
IMG_4255
当地でも、午後になると東側の山岳方面で積雲が大きく発達して雄大積雲となった。
IMG_4262
IMG_4257
盛り上がった積雲の頂部には、頭巾雲も現れた。
IMG_4259
IMG_5739
IMG_5744
IMG_5747

夕方になると、山岳部だけでなく北西の海上方面でも発達した雲が多くなってきた。雲の後ろには、光の筋(薄明光線)も見られた。
こういうきれいな雲が見える時は、天気は荒れ模様となる。はたして夜になると、雷を伴う強いにわか雨が降り出してきた。

ここ数日、本州の南海上に前線が停滞する同じような気圧配置が続いている。
2019-06-04 (3)
当地は、前線の北側の雲域の外側にあり、晴れの天気が続いている。気温は日毎に高くなり、今日は最高気温が29℃程と冷房が必要なくらいの暑さとなった。
2019-06-04 (2)
上空に巻雲が見られるものの、昨日のように山沿いで積雲が湧くことはなかったようだ。
IMG_5734
今日も夕日が見られたが、大気の湿度が増してきたようで白くぼんやりした感じとなっている。
IMG_5735
日没後、巻雲がうすくピンク色に染まる。夜になっても気温が下がらず蒸し暑さを感じる。
IMG_5736

IMG_4244
本州の南海上に前線が停滞しているが、北側の雲域はそれほど大きくは無く、陸地に少々かかる程度。日本海側は良く晴れて、日中は27℃程まで気温が上がる。強い日射のせいで、内陸・山地では昼から雲が湧いた。
IMG_4245
西〜北の海上方面は雲が無く、佐渡ヶ島に沈む夕日がきれいに見えた。見える島影は2重になっており、手前が小佐渡、奥が大佐渡の山並みとなっている。今日の日没は18:57頃だった。

↑このページのトップヘ