雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

カテゴリ: 天気

IMG_4213
予報より早く、朝からポツリポツリと雨が当り出す。それでも日中は、弱い雨が降ったり止んだりで大きく天気が崩れることはなかった。夕方、寒冷前線が通過し、風向きが南西から北向きに変わる。気温が下がり、夜には雨は本降りとなった。

IMG_4215
職場の周りの公園では、ヤマボウシの白い花が見頃となってきた。
IMG_4218
ライラックの仲間のハシドイも、房状の白い花を咲かせ始めた。

IMG_5542(copy)
近所の空き地にノイバラの大きな繁みを見つけた。小振りの白い花を無数に付けていて、良く目立っているのに何で今まで気付かなかったのか・・・。
IMG_5546
枝先に丸く花序をつくり、芳い香りがする。
IMG_5578
今日も暑かったが、海風が入ったこともあり30℃には僅かに届かなかった。しかし、西から気圧の谷が近づいており、天気は下り坂。
IMG_5579
上層の薄雲だけでなく、夕方には下層の雲も増えてきた。湿度も高くなってきて、夜になっても蒸し暑さを感じる。

IMG_5484
上層の薄雲が多かったが、今日も最高気温が30℃を超え真夏日となった。2019-05-26
全国的にも高温で、特に北海道道東地方では35℃を超える猛暑となった。この原因は、北日本に大陸由来の850hpa 21℃以上の高温気塊が流入したことと、山越え下降気流でフェーンとなったことによるものとみられる。フェーンによる高温は風向きに左右されるので、北海道道東でも海からの風が入り込んだところでは、近接している観測点よりも20℃程も気温が低いところがあり興味深い。
IMG_5535
当地も午後は海からの風になり、気温の上昇はそこで止まった。夕方には、巻層雲により色の付いた幻日が見られた。
IMG_5507
海岸近くでは、帰化植物のコバンソウがたわわに小判を生らしていた。

IMG_4198
今日も南から高気圧に広く覆われる。大気は上層まで安定しているようで、日射による積雲の発生も見られず快晴の状況。気温は上がり30℃を超えて真夏日となった。職場は勤務日だったが、今年初の冷房稼働での仕事となった。
IMG_4197
我が家の庭では、自然に生えているベンケイソウの黄色い星型の花が咲き出した。


IMG_4190
南西諸島付近に中心のある高気圧に広く覆われ、今日も晴天。日中は24℃程まで気温が上がった。
我が家の庭ではニッコウキスゲが咲き始めた。
IMG_4191
地植えのシランも紫色の花を見せ始める。
IMG_4193
気候が良いこの時期、眼前に佐渡ヶ島が望める日没後の海岸では、焚火をするグループの姿も見られた。

↑このページのトップヘ